ふつうのコト

ayaya55a.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 13日

礼文を去るとき


b0133447_11263478.jpg

桃岩荘を出てフェリーに乗った私は、今度は送られる側です。
香深港での桃岩荘のお見送りは、ちょっとした礼文名物にもなっていて、TVでも取り上げられたりしているほど。
知らない人が見たら奇異に映るかも知れないけれど、実際にここに身をおいた私には、
送る側と送られる側の気持ちが一つになった、真摯なものだという事がよくわかります。
単なるパフォーマンスだったら、送られる私たちがあんなに胸を打たれるはずがないもの。






b0133447_11274280.jpg

船が岸壁を離れ、





b0133447_139059.jpg

防波堤を越えると、もう互いの姿は見えなくなるし、声も届いているかどうかわかりません。
でも、きっとこんなふうに見送ってくれたのだろうと思うのです。




b0133447_15162351.jpg

ずっと沖までついてくるカモメたち。いい旅だったなぁ。






b0133447_11353824.jpg

しみじみとした気持ちでフェリーの座席に戻った私でしたが、
なんと、どこかが決壊したかのように、涙が後から後からあふれ出てくるではないですか。
ただもう、涙が止まらない。びっくりしました。






b0133447_11311439.jpg

この島で美しいものをいっぱい見て、



b0133447_11304145.jpg

人の優しさにいっぱい触れて。
そういったこと全部があたたかい光になって、心の中に残像のように輝いて。

これまで楽しいことも辛いこともいっぱいあったし、これからだってたくさんあるだろう。
でも、とにかく生きていくのは悪くない。
私は私の場所で、力いっぱい明るく生きて、また礼文にやって来よう。ぜったい、また来るんだ。

涙と鼻水でベショベショになりながら(ああ、恥ずかしい<笑)、
感謝の気持ちとともに、そんなことを思ったのでした。






b0133447_11334455.jpg

最後になりましたが・・・Special thanks for カショカショ倶楽部。
皆さんと海辺の隠れ家(全然隠れてないけど<笑)ですごした至福の昼下がり、忘れません。







最後の最後に・・・礼文ですごした時間を思う時、私の気持ちに寄り添ってくれるような歌です。
よかったら、お聴きになってみて下さいね。




礼文の写真に長々とお付き合いいただいて、ありがとうございました。
お盆までになんとか〆たいと思い、強引に間に合わせたという感じですね(笑)
たくさん撮ったお花とか、まだアップしてないものもありますが、それらはまたいずれ。














撮影:1~5枚目 7月 4日  礼文島~稚内行きのフェリーより
PENTAX K-7 + PENTAX DA 17-70/4
[PR]

by ayaya55a | 2010-08-13 00:02 | 礼文島 | Comments(24)
Commented by i_nosato02 at 2010-08-13 06:32
7枚目 夕陽に照らされた花がいい色ですね。

いろいろな出会いがあり、素敵な旅だったのですね。
よかったですね。お疲れ様でした。

こんなすばらしい旅、そんなにあわててアップしなくても(笑)
Commented by hiroro_photo at 2010-08-13 06:49
あややさんのこの「礼文旅日記」をなんどもなんども読み返しました。
そして礼文の自然のすばらしさ、桃岩荘での心の触れ合い、
あややさんの人となりをこの日記から得ることができました。
ありがとうございました(笑顔)

生きていればまた会える。。。
生きていればまた行ける。。。
忘れないでくださ~い♪
Commented by Blog_Maya at 2010-08-13 07:32
えっもう終わってしまったの?という感じです。
行ったことのない礼文での、そして桃岩荘での素適な時間を垣間見せていただきまして
ありがとうございました。  実は桃岩荘は大学時代 友人が行って「とてもついていけない~。」
と帰って来たので自分が行く事なんて考えた事なかったのですが、あややさんのお話で
行ってみたくなりました。今だから出来る、そんな事もあるのではと・・・。

 
Commented by ゆう(momophoto) at 2010-08-13 08:31 x
もうおしまいですか・・・
圧倒されまくりで、なかなかコメントできずにおりました。
あややさんの感慨を分けて頂きありがとうございました。

>ただ撮っただけ
とはとても思えませんが・・・
再度訪れ、「あややさんの礼文」も楽しみにしています^^
Commented at 2010-08-14 07:01
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by toshi at 2010-08-14 20:09 x
こんばんは。
礼文で過ごした時間
とってもいい時間でしたね。。。
人とのふれあいそしてフォト・・・

こちらもいい時間をもらいましたよ。。。(*^_^*)
Commented by thejetmole at 2010-08-15 00:51
もう 終わりですか・・・

自分は、まだまだ続きます じじiの、キレの悪い様な 小便の様に ^^);

それにしても、礼文に行って良かったでしょ 道東・野付にしなくて

Commented by あやや at 2010-08-15 00:55 x
>ainosatoさん
7枚目ありがとうございます。
礼文では素晴らしい出会いがあり、ほんとうに心に残る旅になりました。
人生の妙を感じます。

>こんなすばらしい旅、そんなにあわててアップしなくても(笑)
でも、もう一ヶ月以上引っ張ったんですよ~
また何か折りにふれて、ちょこちょこと出すつもりではいますが。
Commented by あやや at 2010-08-15 09:34 x
>hiroro_photoさん
拙い写真と文の旅日記をそんなにも丁寧にご覧下さり、
こちらこそほんとうにありがとうございます。
旅で私の心に響いたことが、少しでもお伝えできたとしたら嬉しいです。
いつかまた訪れて、礼文の風光に、
今度はもっとじっくり自分の心を映してみたいです。
hiroroさんも機会があれば、ぜひ礼文にいらしてみて下さいね~
Commented by あやや at 2010-08-15 09:51 x
>Mayaさん
今回の旅、感情の琴線にふれることが多すぎて、
かえって写真的には満足に撮れていなかったんですよ。
でも写真を撮ることがメインの目的の旅ではなかったし、
礼文にはまた行きたいと思っているので、そのあたりはまた・・・
桃岩荘ですが、「ついていけない」どころか、
ミーティング後で「ノリノリでしたね」と皆さんに評された私(笑)
私が泊まった日は、自分の時間をとり戻した「昔の若者」たちが多かったので、
まさに今だからこそできる旅の味わいがあったと思います。
Commented by あやや at 2010-08-15 10:39 x
>ゆうさん
礼文の写真、モタつきながらほぼ時系列でアップしてきて、一ヶ月以上経過したので、
ひとまず区切りをつけることにしました。

>圧倒されまくりで、なかなかコメントできずにおりました
確かに非日常的な光景が多かったかも知れませんね(笑)

今回涙が出るほど感動したシーンがいくつかあったんですが、
そこではまったくマトモな写真が撮れていないんです。トホホ・・・
次回は自分なりのイメージを持って何とか・・・と思っていますが。
でも、そういうものが裏切られるのが旅の醍醐味なのかも。

Commented by あやや at 2010-08-15 10:41 x
>鍵コメさん
ありがとうございます。
お返事は直接いたしますが、どうかよろしくお願いいたします。
Commented by あやや at 2010-08-15 11:32 x
>toshiさん
こんにちは~
礼文は人も自然もすばらしく、ほんとうにいい時間を過ごせました。
それがお伝えできただけで嬉しいです。
でも、自分としては、思うように表現出来なかったもどかしさもあるので、
それはまた今後の課題というか、楽しみということにしておきます。



Commented by あやや at 2010-08-15 11:48 x
>thejetmoleさん
今回、この時期の礼文旅行へのアドバイスを頂いて、ほんとうにありがとうございました。
礼文での忘れえぬ日々・・・心から感謝感謝です。

>自分は、まだまだ続きます じじiの、キレの悪い様な 小便の様に ^^);
どうぞチョロチョロと長~く出し続けて下さい(笑)
thejetmoleさんの写真は、一枚一枚じっくり味わってみたいと
思わせるような写真ばかりですものね。
私は写真に力がないので、とりあえずドサドサ出して上がってしまいましたが、
寝かしてからアップしようかな~と思っているものも少しだけあります。
Commented by pingsong at 2010-09-05 22:18 x
礼文の雰囲気を思い出すことができました。ありがとう。
なんと、当日(7月3日)愛とロマンのコースを騎馬戦で帰ってきたリーダーです。
1枚目でお見送り中の皆様へ。私の携帯電話が故障してみなさんのアドレスが消えてしまいました。よろしければ、再度連絡してください。京都大会でお会いできればよいのですが・・・
個人的なことで、場所をお借りしてすみません。
Commented by あやや at 2010-09-06 17:17 x
>pingsongさん
コメントありがとうございます、お越しいただいて光栄です。
なんと!あの日の8時間コースのリーダーの方ですか!
携帯故障でデータが消失した経験は私もあるので、いかにお困りかお察しします。
こちらでよければ、いつでもコメント欄をお使い下さい。
私は、この後8月の終わりにも再度礼文に行って、桃岩荘にもまた泊まりました。
そのようすもそのうちアップしますので、よかったらご覧になって下さいね。
Commented by pingsong at 2010-09-06 20:22 x
ありがとうございます。
皆さんに何とか連絡を取りたかったので、場所をお借りしました。
あの夜は、30年ぶりくらいの同窓会的なミーティングで、すごく楽しい夜でした。
日本全国に、いや、世界各地にも桃岩の諜報部員が配置されているらしい。
いつ連れ戻されるのか恐ろしいことです。
私の心の中にも、あややさんの心の中にもすでに桃岩の諜報部員が潜んでいるらしい。
その証拠に、8月に知らず知らずのうちに礼文に連れ戻されているでしょ。

Commented by あやや at 2010-09-08 19:53 x
>pingsongさん
そうなんですよ~
桃エージェントの陰謀たるや恐ろしいもので・・・
2ヶ月弱のうちに再訪してしまった私、後天性桃症候群という病名がつくらしいです(笑)
7月3日のミーティングはほんとうに楽しく、
あの場に居合わせた私たちはとても幸運でしたね。
8月末の桃岩荘は人は少なかったのですが、それだけに落ち着いた時間が流れ、
居合わせた者どうしとても親密になり、それはまたよかったですよ。
ほんとうに不思議な空間ですね、あそこは。
お互い桃エージェントから逃れそうもないので(笑)、またご縁があるといいですね。
Commented by pingsong at 2010-11-07 01:40 x
先ほど桃岩荘京都大会2010から帰ってきました。
7月3日に8時間コースを同行した8人中5人が参加していました。
こちらに皆さんの港でのお見送りの姿が掲載されていることも教えておきました。
聞いてみると、何人も8月や9月にも礼文に再訪しているとのこと。
あややさんと同じように皆さんも礼文から島抜けできないように、既にプログラミングされているようです。
ヘルパーの方々が普段着(私服?)を着ていると本人だと気付かない。
特にニチャクさん。服を2着以上持っているようです。
Commented by あやや at 2010-11-07 22:19 x
>pingsongさん
再度コメント下さり、とても嬉しいです。ありがとうございます。
京都大会参加されたのですね!楽しそうですね、いいなぁ。
それにしても8人中5人って凄い参加率じゃないですか。
礼文再訪組も少なからずいるようだし、ああ、やっぱりエージェントがぁぁっ・・・(笑)

>特にニチャクさん。服を2着以上持っているようです。
それを聞いて安心しました(笑)
さすがにあの格好では寒いでしょうから。
Commented by koyamyan at 2012-05-31 23:28
あややさま
初めまして!

こやまん@横浜と申します。
こちらへはブログの画面上部にある「似ているブログ」で辿り着きました。

礼文島・・・。
いつかまた帰りたい場所ですね。

私のブログでも1枚心に残る写真と共に記事を書いています。
http://koyamyan.exblog.jp/12400091/
私は「ぺんしょん うーにー」で出会った子ども達を見送った時に号泣しました。
礼文島は私の心の「根幹」です・・・。
Commented by あやや at 2012-06-03 22:55 x
>koyamyanさん
初めまして、コメントありがとうございます。
お越しいただいて光栄です。

koyamyanさんの、昔の礼文のフィルム写真見せていただきました。
貴重な写真をありがとうございます。


>礼文島・・・。
いつかまた帰りたい場所ですね
礼文って一度行くと、ずっと心の中に何かが残り続ける、
不思議なところですよね。
心の中で寝かせておいて、それがいつか発酵して、
また足を向けてしまう・・・
Commented by koyamyan at 2012-06-04 09:49
あややさま
おはようございます!

コメントをいただき、ありがとうございました。
本当はあの写真の他に、もう1枚アップしたかったのですが、スキャナーが写真と認識しなかった写真があるのです。

今日、「複写」してアップしました。
桃岩展望台からの夕景です。
よかったら遊びに来てくださいね^^
Commented by あやや at 2012-06-04 18:38 x
>koyamyanさん
ありがとうございます。
アップして下さった夕景写真、とても素晴らしいですね。
礼文で過ごした時間が昨日のことのように甦ります。
お互いに、いつかまた、必ず訪れてみたいものですね。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< お盆が終われば      出発の朝 >>