2010年 08月 08日

礼文のウニ

b0133447_1629160.jpg

桃岩荘の写真、まだあるのですが、今日はこちら。
一昨日、礼文から届いた礼文島産エゾバフンウニ、塩水にゆらめく姿も魅惑的・・・
そのお味はというと・・・とにかく甘味が違う!
これを食べたら他のウニがもう食べられなくなってしまいます。
塩水を切ってから、昆布水で軽く洗うとウニの甘味がいっそう引き立つことも最近知りました。



b0133447_16281449.jpg

今日のお昼はこのウニそば。

昨日は塩谷の海でシーカヤックを楽しんだのですが、
その後、あまりに暑くてのど越しのいいお蕎麦が食べたくなり、小樽の藪半へ。
藪半の麺は白くて細目、でも蕎麦の香りも歯ごたえもしっかりあります。
これは礼文のウニにぴったりではないか・・・?
で、お店で食べたのとは別にお持ち帰りを購入、今日の昼食とあいなった訳です。
まぁ、このうにうどんが、ずっと頭にこびりついていたこともありますが・・・

ウニと、このお蕎麦のコラボは、まさに大正解!
互いに甘さを引き立て合って、のど越しツルツルのトロトロ・・・もう、口福の極みでした。





b0133447_16284154.jpg

もちろん届いてすぐはウニ丼にしましたよ~

ご飯を寿司飯にするとか、そういうしゃらくさいことはせず、炊きたての熱々にこれでもかと乗せまくる。
熱いご飯にふれたウニはとろとろクリーミーにとけ、上の方のウニは冷たくちゅるんと喉を走る、
その官能的な美味しさといったら・・・
カロリーやコレステロールは高~い棚の上に上げ(笑)、贅沢にも礼文のウニを堪能しました。
ありがとう~、礼文!



b0133447_16521166.jpg

ウニ三昧で思い出しました、礼文で初めて見たウニ漁のようす。
箱メガネと柄の長いタモ網を使う、昔ながらの漁です。
船をたくみに傾けてバランスを取りながらのこの漁は、漁師さんの技術がものをいうのだとか。
シーカヤックで船体をひっくり返して撃沈したばかりの私(笑)、いかにその技が凄いかよくわかります。


b0133447_16523077.jpg

早朝の、霧にかすむ海。
時折チャプンという静かな波音、遠くかすかにアザラシの鳴き声・・・
私は一人でずっと心静かに見入っていました。
ずっと昔から、この海で繰り広げられていたであろうこの光景に。

b0133447_1653251.jpg

実はこれ、礼文滞在の前半に宿泊した民宿の部屋の窓から眺めなんです。
朝、窓を開けたら、それこそ目の前でウニ漁が・・・
なんとも心豊かになれる、旅の宿の光景でした。



b0133447_16533685.jpg

礼文の北の果て、スコトン岬にある日本最北の宿。
心に残る宿ばかりに泊まることが出来、つくづくいい旅だったと感謝です。










撮影:4~7枚目 7月1日   礼文島  スコトン岬
PENTAX K-7 + PENTAX DA 17-70/4
            TAMRON AF 70-300/4-5.6
            TAMRON SP AF10-24/3.5-4.5
[PR]

by ayaya55a | 2010-08-08 19:27 | 礼文島 | Comments(14)
Commented by いちぼく at 2010-08-08 20:24 x
こんばんわぁ
うわー、すごい!
ウニそば、食べたこと無いけど旨いんでしょうね~
もう、言葉がありませんー
いいなぁ、礼文☆
Commented by thejetmole at 2010-08-08 21:54
おお
同じ物「うに屋」の物が、どーんと、一昨日届きました
先ずは、今年なぜか食べていなかった、ウニ丼で

翌日は、泊った  「民宿スコトン岬」の「バフンウニの卵とじ丼」が、チョーまずかった  ので、作ってみました

家族、前の日のウニ丼よりも、バフンウニの卵とじ丼の方が、ずっと美味しいと評判でした

機会が有れば、作ってみてください

Commented by Blog_Maya at 2010-08-08 23:14
おお! 塩水ウニですね!
そうです、北海道に住むからにはこれを気軽に食べられる幸せ味わいましょう(笑)
知りませんでしたが、昆布水で軽く洗うとウニの甘味がいっそう引き立つのですね、今度やってみようかと思います。

つぶログ・・・ 横波を受けてしまったんですね(××)  お疲れ様でした。  
でも昨日は暑かったし、楽しかったでしょ!


Commented by i_nosato02 at 2010-08-09 06:01
うらやましいーーー 昆布水で洗うんですか?へえー
Commented by ちん at 2010-08-09 07:14 x
良かったです。(。◣‿◢。)ニヤリッ
Commented by h1deshi at 2010-08-09 07:44
あ~、うちの親父もこうやって(4枚目以降)ノナ採ってました。
注) ムラサキウニはノナ、バフンウニはバフンと呼びます。
ウニは自分でも子供の頃よく海潜って採ってたので(密漁ともいう^^;)、食べ飽きてあまり有り難味ありませんが...
Commented by cornet-1209 at 2010-08-09 09:57
ウニそばなんて美味しそうー♪
うちの息子は、こちらでウニはほとんど食べません。
「ウニは北海道のウニが1番!」と、生意気なことを言っています(笑)
でも、北海道のウニを北海道でいただくのが1番かな。
Commented by あやや at 2010-08-10 00:20 x
>いちぼくさん
こんばんは~
ウニそばは思いついて作ってみたものですが、
想像以上に美味しくて自分でもびっくりしました。
この礼文島産エゾバフンウニ、
ほんとうに甘味とコクがあっておすすめです。
もし機会があったら、ぜひ召し上がってみて下さいね。



Commented by あやや at 2010-08-10 00:28 x
>thejetmoleさん
そちらにも届きましたか。
ほんとにど~んと届いて、感動モノでしたね。
ウニの卵とじって、火加減が難しそう・・・
きっと、さっと火を通して、すぐ食べたら凄く美味しいんでしょうね。
今度やってみます!
Commented by あやや at 2010-08-10 00:36 x
>Mayaさん
やはり生ウニは塩水に限るようですね(笑)
塩水はけっこう濃度が濃いので、以前は水にくぐらせてましたが、
昆布水だと水っぽくならず、甘味が増すように感じます。

カヤック撃沈の話し、ボート部出身のMayaさんには歯がゆいのでは・・・(笑)
この時はけっこう波が高くて、頑張って風と波を読みながら漕いでいたのに、
最後になって油断してしまいました。
でも海で泳ぐのもほんとに楽しかったです、負け惜しみでなく(笑)
Commented by あやや at 2010-08-10 00:38 x
>ainosatoさん
礼文のウニ、ほんとうに美味しかったです。礼文に感謝・・・
昆布水、試してみて下さい。さっとくぐらすだけですよ~
Commented by あやや at 2010-08-10 00:40 x
>ちんさん
わ~ん、ちんさ~ん、
もうほんとにほんとに感謝です、ありがとうございました!
Commented by あやや at 2010-08-10 00:48 x
>h1deshiさん
え~、お父様、ウニ漁されていたんですか!

>ムラサキウニはノナ、バフンウニはバフンと呼びます
知りませんでした、これからは私もそう呼びます、なんか通っぽいし(笑)

>子供の頃よく海潜って採ってたので
凄いですね、それ。ぜいたくな子供時代だったんですね。
今では、冗談でもウニ獲ったりしたら、監視船がすっとんで来るといいますものね。

Commented by あやや at 2010-08-10 00:56 x
>cornetさん
ウニそば、お蕎麦が田舎でなく更科だったのがよかったんだと思います。
息子さん、さすがですね、
子供って、けっこう美味しいものに敏感なんですよね。
そちらでほとんど食べないというのも、私はそちら出身なだけにわかります・・・(笑)
北海道に帰省されたら、存分に召し上がって下さい。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 礼文 心の記憶   その1      桃岩荘の夕べ >>