ふつうのコト

ayaya55a.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 03日

桃岩荘へ


b0133447_22464733.jpg

これはタイムトンネル。ここをくぐると30分の時差が生まれます。
何より、ここを通るには「知性」「教養」「羞恥心」の三つを捨てなければいけない・・・





b0133447_2157331.jpg

・・・らしいのですが、ンなもん、もともと少なめの私はあっさりくぐり抜け(笑)、
礼文での最後の宿泊施設となる桃岩荘に向かいました。
生まれて初めて泊まるユースホステルです。




b0133447_2291093.jpg

海に向かってどんどん下ると

b0133447_21573811.jpg

「猫岩」がちょこんと。すぐ目の前にすがすがしく海が広がる場所・・・



b0133447_2158653.jpg

そこに建つのが、この桃岩荘。
築140年の鰊番屋の佇まいに、ちょっぴり心拍数が上がる私(笑)




b0133447_21583268.jpg

お出迎えしてくれるのは、ヘルパー&ホステラー。
桃岩荘はヘルパー(ユースで迎えてくれる人)とホステラー(ユースを訪れる人)が一体となって、
独特の雰囲気を作りあげています。
この日は、現役ヘルパーさんに加え、なんと30年前のヘルパーさんも!
幸運なことに、1980年前後のヘルパーさんたちが30年ぶりに集まった、稀有な一日に遭遇できたのでした。






b0133447_2159031.jpg

港からの送迎バスで到着すると、ここを初めて訪れる人が、まず最初に降りて玄関を開けて・・・



b0133447_21592797.jpg

「お帰りなさ~い!」 「ただ今~!」
これが桃岩荘流お出迎え。

マイカー利用で一人でふらっと入った私は、残念ながらこういう迎え方はしてもらえなかったんだけれど、
宿に着いた5分後には、さっそくこんなふうに出迎える側になっていたんですよね。
この時は左手でタンバリンをジャラジャラ鳴らしながらの片手撮影だったので、しっかりブレて傾くし・・・(笑)

サー礼文の写真もあと少し、しまっていくぞ、おおうっ!(笑)








撮影:7月3日    礼文島  桃岩荘
PENTAX K-7 + PENTAX DA 17-70/4
[PR]

by ayaya55a | 2010-08-03 23:36 | 礼文島 | Comments(22)
Commented by まぁ at 2010-08-04 00:37 x
あややさん
桃岩荘の写真をアップはじめたら・・・
追試へのカウントダウンが始まってしまうね・・・
私も追食への気持ちが高ぶってしまいます

ここからまたグラス片手に、あややさんの写真に
泣かされちゃうんだろうな・・・・
Commented by thejetmole at 2010-08-04 01:08
この最後の写真の瞬間
思い出します 白のシャツと後ろのボーダーシャツの方達
これで3年連続、偶然にもここで合った2人です

2008年 http://rolleiflex.exblog.jp/11256654/

2009年 http://rolleiflex.exblog.jp/9026953/

そして、最後の写真の瞬間、お互いびっくりしたのを思い出します
これで、3年連続に、なりました

桃岩荘の取り成す、本当に不思議な縁を、感じた日でした

ところで、白いシャツで正座しているのは、自分ですか?
カメラ持ってないし、体型が違うような・・・気もしますが・・・
メタボちっくなのでそうかもしれません^^);


Commented by i_nosato02 at 2010-08-04 06:54
>30年ぶりに集まった、稀有な一日に遭遇できたのでした
信じられないような、すばらしいタイミングですね。
桃岩荘を堪能されたのでしょうね。
Commented by cornet-1209 at 2010-08-04 16:09
私もユースホステルは泊まったことがないんですけど^^;
どんな感じなのかな?

「お帰りなさい」「ただいま」っていいですね~・・・。
Commented by Blog_Maya at 2010-08-04 16:39
おお、いよいよ かの有名な桃岩荘ですね。
>ここを通るには「知性」「教養」「羞恥心」の三つを捨てなければいけない・・・
私には捨てられないものばかりです(大嘘)

あややさんにどんな出来事が待っていたのか楽しみです。



Commented by mink330 at 2010-08-04 17:55
ユースホステル桃岩荘の様子がよく分かり、思わず引き込まれ
ました。こういうところがまだ存在しているのですね~

1980年代のヘルパーさんにとっては大事な青春の
思い出の場所なんですね。

あややさんにとっても忘れられない場所になるんでしょう。
Commented by EXTRA at 2010-08-04 19:54 x
桃岩トンネルを通るには、「知性」「教養」「羞恥心」の三つを
捨てなければいけない。

「恐怖心」は、しっかり持っていったんですね。 (>_<)

4枚目のベンチに座って、遠くの海を眺めるのも良いですね。

ユースホステルは、学生時代よく利用しました。
会員になり、安く宿泊したのを覚えています。

夕食後、宿泊者・管理人 全員で歌やゲームをやったのを
覚えています。
シーツも持参したような気がします。

アー、昔々のお話でした。

今でも桃岩荘の写真を見ると、そんな感じがします。


(>_<)


Commented by toshi at 2010-08-04 20:54 x
こんばんは。
ユースホステル・・・
昔どこかで利用したような・・・

こんなお出迎いもまた
楽しいですよね。。。いい時間でしたね。。。(*^_^*)
Commented by hiroro_photo at 2010-08-04 21:23
すばらしいロケーションにある「桃岩荘」
この写真をみてると青春時代を思い出して涙腺が緩みます。
恥ずかしい気持ちもみんなで取り組むと楽しみに変わる。
みんなが温かいファミリーって感覚^^いいですね~

>何より、ここを通るには「知性」「教養」「羞恥心」の三つを捨てなければいけない・・・とのことやけど。。。
僕なら入口の前に立って「わたしはその三つは前世で捨てちゃいましたぁ~ごめんなさ~い(^^)」と言うよ(^^)
そしたら~このトンネルさんが言いますよ・・・
「ももっ~いいわぁ!通してあげる(^^)」ってね~テヘヘ...
もうhiroroくんは礼文島&桃岩荘に行きたくてしかたありません!どうすりゃいいんだろ?
次回のあやや♪さんのblogが楽しみです^^♪((O(〃⌒▼⌒〃)O))♪わくわく
Commented by ちん at 2010-08-04 22:02 x
行くまではャバィ・・(´Д`;)と思っいたようだけど。

(ΦωΦ)フフフ…ハマってしまったようですね、桃岩荘別名 〇ちがいユースと言われています。

ツボにはまると3年連続泊ることに…コワ━━━((;゚Д゚))━━━!!
Commented by ゆう(momophoto) at 2010-08-05 09:05 x
昔は大学生の一人旅といえば、ユースでしたね~(歳ばれる)
人見知りなので、利用したことはありませんが、すごい連帯感なんですね^^

>左手でタンバリンをジャラジャラ鳴らしながらの片手撮影だったので、しっかりブレて傾くし・・・(笑)
モモを撮るときには、左手にリードで片手撮影。
失敗すると分かりつつ、一緒に走って撮りますし毎度ぶれます(笑)

Commented by あやや at 2010-08-06 20:49 x
>まぁさん
それが、私、桃岩荘での写真は、自分でびっくりするくらい少ないんです。
入り込みすぎて、もう撮り手ではなくなっちゃていたんですよね。
素晴らしい写真はthejetmoleさんのところで堪能して下さい、
そりゃもう、いっぱい撮ってらしたから(笑)

私が追試を受けるとしたら、試験官はまぁさんでなくては困ります。
ウチの家族は「止めはしないよ」と言ってくれていますが(笑)
Commented by あやや at 2010-08-06 21:29 x
>thejetmoleさん
三年連続というのは、ほんとうに凄い偶然ですよね。
やはり桃岩荘の後ろの祠、あそこからエージェントがおびき寄せているとしか・・・(笑)
私もどうやら、桃岩荘の取り持つ縁の端っこに引っかかったような気がします。

>ところで、白いシャツで正座しているのは、自分ですか?
はい、まごうとこなくthejetmoleさんかと。
この写真ではわかりづらいですが、ちゃんとカメラ下げてらっしゃいますし。
Commented by あやや at 2010-08-06 21:34 x
>ainosatoさん
私はこの日初めて、それもたった一日だけ桃岩荘を訪れたのですが、
ほんとうに素晴らしい日に行き合わせたものだと。
そこからご縁も広がっていますしね。
こんなふうな出会いがあるということに、人生の不思議を感じます。
Commented by あやや at 2010-08-06 21:39 x
>cornetさん
ユースホステル、私は初めてだったのですが、
ここは誰もが気さくに打ち解けられて、元気をもらえる・・・そんな場所でした。
桃岩荘は「行く」ではなく「帰る」場所。
一度行ったらそんな気持ちになる、不思議なところです。
Commented by あやや at 2010-08-06 21:45 x
>Mayaさん
桃岩荘に予約の電話を入れた時、受付の方が
「ここは賑やかなところですが、大丈夫ですか?」と念を押されたのですが、
「はい、まったく問題ありません」と答えた私です(笑)
とても楽しく心に残る一夜を過ごせましたが、
その良さが写真には撮れてなくて・・・力足らずでした。

Commented by あやや at 2010-08-06 22:03 x
>minkさん
桃岩荘はほんとうに独特の雰囲気があります。
40年の伝統を持つユースだそうで、
30年前のヘルパーさんと現役ヘルパーさんに接し、その素晴らしさを実感しました。
ほんとうに忘れられない体験になりました、こういう日に居合わせた幸運に感謝です。

Commented by あやや at 2010-08-06 22:16 x
>EXTRAさん
>「恐怖心」は、しっかり持っていったんですね
いえ、そんなことはなく、ワクワクしたような、そんな気持ちで訪れたんですよ。

ユースよく利用されたんですか、ひとり旅上手でいらしたんですね。
私は学生時代は、パックで安い海外ツアーばかり行っていました。
ユース=シーツ持参の思い出を持たれる方、とても多いですよね、
今はちゃんとシーツは用意されてました。
桃岩荘でも皆で歌ったり踊ったり(!)を楽しみましたよ、
それがほんとうに楽しくて。
私は楽しみすぎて、その時の写真がほとんどないんです・・・
Commented by あやや at 2010-08-06 22:20 x
>toshiさん
こんばんは~
toshiさんもユース利用されたことがおありですか。
私はじゅうぶんオトナになってから初めての利用だったので(笑)
とても新鮮でした。
ここでは、いろいろな意味でとてもいい時間がすごせたと思います。
Commented by あやや at 2010-08-06 22:38 x
>hiroro_photoさん
桃岩荘は、独特の雰囲気を持ったユースだと思いますが、
百聞は一見にしかずだと思われます。

>ももっ~いいわぁ!通してあげる
このようなセンスの持ち主であるhiroroさん、
おそらく桃岩荘にすんなり溶け込めるかと・・・

>どうすりゃいいんだろ?
簡単です、ドアを開けて出て行くだけ(笑)
桃岩荘はベッドが足りなければ板敷きの土間でも寝られるので、
いつでも迎えてもらえますよ~

Commented by あやや at 2010-08-06 22:45 x
>ちんさん
ここ、いろいろ有名みたいですからね。
でも実際に泊まってみたら、とても和やかなオトナのユースだと思いました。
たまたまこの日年齢層高めってのもありましたが(私も平均年齢引き上げ組<笑)

>ツボにはまると3年連続泊ることに
あ、そういう人、いるいる(笑)
三年連続でここで会うとか、すごいですよね。
Commented by あやや at 2010-08-06 22:51 x
>ゆうさん

>昔は大学生の一人旅といえば、ユースでしたね~
そうでしたね。
でも私は友人と海外パック旅行ばかり行ってる、チャラけた女子大生でした。
今思うと、若いうちにもっと一人旅をしておけばよかったなと。
まぁその分、今していますが(笑)

片手撮影で走って撮るってすごい・・・(笑)
私なんぞまだまだですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 桃岩荘で過ごす      漁村を歩けば >>