ふつうのコト

ayaya55a.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 01日

漁村を歩けば

1
b0133447_10343210.jpg

桃岩道を降りた後は、礼文の海沿いの集落をのんびり歩きました。
島の漁村の暮らしを感じながらの点描です。






b0133447_10484811.jpg

礼文は今、昆布漁の真っ盛り。
この時は干した昆布の取り込みが始まっていました。

「いい写真撮れたかい?」
「あっちに、まだたくさん干してあるよ」
「ほんと?じゃ行ってみる!」・・・などと言葉をかわしながら。





b0133447_10352554.jpg

いっぱい干し広げられた昆布。初めて見る光景でした。







b0133447_11272239.jpg

あれ、この子猫たち、捕らわれの身?・・・






b0133447_15592715.jpg

・・・ではなくて、とても手厚く保護されているんです。

海辺の小屋の脇に、廃材を利用して作られた子猫たちの家。
三階建てで子猫たちがのびのび駆け回れるような作りで、
寝床は雨が降っても濡れないようになっているし、ホントに工夫して作られているな~と感心。






b0133447_10493375.jpg

実はこの子猫たち、生まれたばかりの時に母親が交通事故で死んでしまって
カラスに襲われていたところを、若い漁師のお兄さんが保護。
哺乳瓶でミルクを飲ませて育てて、こんなふうにカラスに襲われないようにしてあげているとか。
なんて優しい心根なんだろう。

この話しをしてくれたおばあちゃんも、「今が一番可愛い盛りだよね」と目を細めていました。






b0133447_10374845.jpg

島の堤防には、こんなふうにウニやツブ貝の殻があちこちにあります。
カモメが食べた残骸なんですって。なんと贅沢な・・・・






b0133447_1038527.jpg

「こんにちはぁ~っ!前をすみませ~ん!」と、
真っ黒に日焼けした笑顔を見せて、風のように走り去った中学生。
一瞬、呼び止めて「もう一度今の笑顔撮らせて!」と頼もうかと思ったくらい。
それじゃヤラセ写真ですよね(笑)
いいんだ、写真には残せなかったけれど、あの太陽のような笑顔は私の心に焼き付いているから。



9
b0133447_10382039.jpg

「この花は雑草みたいなもんだけど、私は好きだからそのまま咲かせているんだよ」
と、笑顔で話してくれたおばあちゃん。
ちっちゃなケシがお家の周りにあふれるように咲いていました。


カメラをぶら下げて一人のんびり歩いていた私に、ほんとうに気さくに声をかけて下さった島の人たち。
こんなつかの間の触れ合いですら、穏やかで温かな心根が伝わってきて、
こちらまで優しい気持ちになれました。・・・感謝。













撮影:7月3日    礼文町  奮部、差閉、尺忍
PENTAX K-7 + PENTAX DA 17-70/4、PENTAX FA 77/1.8Limited
[PR]

by ayaya55a | 2010-08-01 19:04 | 礼文島 | Comments(18)
Commented by EXTRA at 2010-08-01 20:36 x
今日もこちらは、猛暑で汗まみれ。

礼文紀行写真と文を見ていると、自分がその場に行って
いるような 気になって来ます。

バスの停留所に手袋が干してある生活観のある写真は、
なごみますよ。

礼文の昆布漁、若い人ががんばっていますね。

こう言う場所は、仕事がきついので若い人が集まらず
だんだんやめていくところが多いのですが ここは
大丈夫そうですね。


(>_<)

Commented at 2010-08-01 20:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jojo-momiji at 2010-08-02 14:14
昨日はわざわざご来場いただき、更には「なま金魚」まで・・・
おなご一同感動で、帰りの車中涙で前が見えませんでした。。。かも

礼文写真に触発され、久々に行ってみたくなりました。
来年は・・・と、只今計画中♪

まずはお礼まで。沢山のお心遣い有難うございました m(__)m
Commented by ジャングル大帝 at 2010-08-02 18:16 x
子猫ちゃん可愛いこと!!カラスはなかなか賢いですからね、危険です。去年、川の工事をしているときに、捨てられたまだよく目も見えないような子猫がいてね、カラスが周りに数十羽集まっていて大変だったこと思い出しました。

わが子を部屋に閉じこめて・・・・・あのニュース、ショックだな~。まぁーほかにもいろいろ異常な事件あるけど。礼文は病んだ現代人には特効薬のような場所かもね!
Commented by toshi at 2010-08-02 20:35 x
こんばんは。
漁村の風景・・・
なんかのんびり落ち着いていいんですよね。。。
漁村散歩・・・潮風、こんぶの香りしますよ。。。(*^_^*)
Commented by cornet-1209 at 2010-08-02 21:19
子猫ちゃんたち、とっても可愛いですね!
何とも言えない愛らしい表情です。

潮の香りがこちらまで、ふ~っとしてきそうです!
Commented by ハリー at 2010-08-03 01:32 x
あややさん、こんばんは。
人の生活している匂いを上手に写真表現していますね。

自然な人の表情を写真にして、物語の一コマのような写真を僕も作ってみたい。
Commented by Amy at 2010-08-03 14:15 x
静かなのんびりとした漁村の生活が写真から良く分かりますね~
こういうところに身を置くと身も心もゆったりする気がします。
素敵な旅をしていらした様子が伝わってきています。
景色だけでなくこうした人々の様子を写すのもいいですね!
Commented by あやや at 2010-08-04 01:00 x
>EXTRAさん
そちら猛暑で大変そうですね、体調にお気をつけ下さい。
こちら今週は少しは暑いですが、それでも20度台で空気サラサラです。

礼文は夏の間は、島の人だけでは手が足りず、
他所から働きにくる人も多いそうです。
この昆布漁の若い人も、半分くらいは他所から来ているとか。
ちょうど昆布漁とウニ漁が真っ盛りの時期で、島全体にとても活気がありましたね。
Commented by あやや at 2010-08-04 01:02 x
>鍵コメさん
こちらこそお目にかかれて嬉しかったです。ありがとうございました。
お返事はそちらへ。
Commented by あやや at 2010-08-04 13:51 x
>jojo-momijiさん
先日はお疲れ様でした。
jojoさんの美的センスが隅々まで感じられたステキな雑貨市でした、
来年は開店と同時に入らねば!

礼文旅行、行ってよかったと心から思っています。
jojoさんもぜひ!

>なま金魚
だから、それって私が金魚のお刺身を差し入れしたみたいじゃないですか(笑)
Commented by あやや at 2010-08-04 14:08 x
>ジャングル大帝さん
猫を可愛がる人は多いけれど、
野良猫に気まぐれにエサをやるといった無責任な行為ではなく、
こんなふうに子猫をちゃんと守って育てているというところに、
島の人の愛情と、地に足ついた暮らしの確かさを感じました。

>わが子を部屋に閉じこめて・・・・・あのニュース、ショックだな~
あのニュースで、通報したマンションの住民の方が「あの子たちを救えなかった・・・」と、
ポロポロ泣いている映像を見て、こちらまで涙がこぼれました。
ほんとうに何とか子どもたちを救ってあげられなかったんだろうかと、胸が痛みます。


Commented by あやや at 2010-08-04 15:28 x
>toshiさん
漁村って、何か素朴で、でもどこか逞しい生活感が感じられますよね。
そんな雰囲気にひかれて、島を歩いてみました。

>潮風、こんぶの香りしますよ
空気感伝わりましたか、嬉しいです。
顔もカメラも、潮風で少しペッチャリしてしまいましたが(笑)
Commented by あやや at 2010-08-04 15:41 x
> cornetさん
子猫たち、ホントはもっともっと可愛い表情を見せてくれたのですが、
片時もじっとしていなくて、ブレ写真ばかりで(笑)

>潮の香りがこちらまで、ふ~っとしてきそうです
ここをのんびり歩いていた時の空気感感じていただけましたか。
少々塩味キツメでしたが・・・(笑)
Commented by あやや at 2010-08-04 16:02 x
>ハリーさん
ありがとうございます。
ハリーさんのところで、撮影会のくだりで「今日は写真はダメだけど楽しかった!」
というのがあったでしょ、この時はそんな感じでしたね。
撮ることよりも、漁村の雰囲気を味わって、島の人とのんびり言葉をかわして・・・
それが伝わっただけでよかったです。

通りすがりに人物の自然な表情を撮るというのは難しくて、
私もなかなか出来ませんが、人が入ると写真が一気に精彩を帯びますものね。
一枚の写真で物語を語る・・・そんな写真、私もいつか撮ってみたいです。


Commented by あやや at 2010-08-04 16:21 x
>Amyさん
礼文は花や風景も素晴らしかったですが、人の心の温かさがとても印象的でした。
こんなふうに人の暮らしを感じながら歩くだけで、心が和みましたもの。
歩きながら自分の心に響くものに素直にシャッターを向けていたら、
おのずと人が入った写真が多くなっていました。
礼文ってそういうところなんですね。
Commented by mink330 at 2010-08-04 17:59
あややさんにしては珍しい人物が入った写真、、どの写真も素敵です。
撮る人と、撮られる人のコミニュケーションがちゃんと取れている
血の通った写真ですね~

猫ちゃん可愛い!
最後の写真いいですね~青年二人の写真も。
Commented by あやや at 2010-08-06 21:19 x
>minkさん
ありがとうございます、
ここではガツガツ写真を撮ろうという気分では、まったくなかったんですよ。
ぶらぶら歩いて、島の人が気さくに話しかけてくれて、
自然にシャッターを押していたら、こんな写真だった・・・そんな感じです。
温かな島の人に感謝です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 桃岩荘へ      海霧の山道 >>