2010年 07月 20日

途方にくれる時間


b0133447_13504454.jpg

初めての土地での一人旅。
それもほとんど計画性の無いユルい旅だったので、次はどうしようかな・・・と、
ちょっと途方にくれる時間が訪れました。



b0133447_2064552.jpg

なんだかお天気もパッとしないし、少し疲れてもいるし・・・
車を止めて堤防でぼんやりしていました。
そういう時間、嫌いじゃないんです。



b0133447_1352823.jpg

ふと堤防の下を見やると、びっしりと咲きはびこる花また花。
こんな雑駁な岩浜にも花が咲き誇っているなんて・・・礼文ってほんとに花の島なんだ。



b0133447_13534562.jpg

名も知らぬ花たちが、思いもかけない場所で生命を弾けさせていることへの小さな驚き。



b0133447_1423876.jpg

あ、花の名前は旅から帰ってちゃんと調べました(笑)
これはハマベンケイソウ



b0133447_13532050.jpg

こちらはハマハコベ




b0133447_135487.jpg

観光客はもちろん、土地の人もたぶん見過ごしてしまうような、何でもない光景。
そんなものが旅では心に残ったりもするんですよね。












撮影:7月1日    礼文町  鮑古丹
PENTAX K-7 + TAMRON SP AF Di 90/2.8 MACRO、PENTAX DA 17-70/4
[PR]

by ayaya55a | 2010-07-20 20:04 | 礼文島 | Comments(18)
Commented by mink330 at 2010-07-20 20:21
あややさん、こんばんは!
どの花もいつものあややさんのやさしい撮り方がよく出てますね。
レブンウスユキソウ、ほんとにエーデルワイスに似ています。
レブンアツモリソウも、ハマベンケイソウも、ハマハコベも、
あややさんの手にかかるとかくも美しく・・・きっと花たちも
喜んでいるでしょう。

トホウニクレルジカン いい響きですね。
Commented by toshi at 2010-07-20 21:50 x
こんばんは。
小さな花の発見
よかったですね。。。

誰にも気がつかれる事もなく
咲いてるそんな花達・・・
きっと喜んでますよ。。。(*^_^*)
Commented by hiroro_photo at 2010-07-20 22:28
礼文の夏の自然がこれらの写真とコメントから良く分かります。
>初めての土地での一人旅・・・スゴイな~~~あややさん
わたしなら耐えきれなくなって、誰かとお話ししたくなるでしょうね(^^)
あややさんは、今回のひとり旅で自然やお花さんたちと仲良しになれましたね!それも良い経験ですね~
写真を見ると、わたしの知らない花ばかり。。。
礼文のたより^^ありがとうございます(⌒-⌒)ニコニコ...
舞鶴か敦賀から船に乗って小樽経由で礼文ヘ行きたくなりました。長い旅になりそうだね~耐えられるかにゃ?
Commented by いちぼく at 2010-07-20 22:44 x
こんばんわぁ
今日は、とくにあややさんの思いが伝わってきました
旅に出て、ぼんやりする時間、実はすごい贅沢な時間なんでしょうね
いつもあわててあちこち見て回るわたし、反省しました^^;
ゆったりした時の流れを楽しませていただきましたよ~
わたしも一人旅に行きたくなりました♪
Commented by EXTRA at 2010-07-20 23:53 x
こんばんは。

礼文の静かな光景が目に浮かびます。

静かなときが、ゆっくりと過ぎていきます。

目の前には、人知れず小さな花が咲き散っていきます。

ハマベンケイソウ、かわいい花です。


(>_<)

Commented by i_nosato02 at 2010-07-21 06:03
一枚目、二枚目の海のカットが好きです。
遠くのかすむ岬がいいな、それと手前のブロックや船が写真に奥行きを与えてますね。
Commented by thejetmole at 2010-07-22 00:38
礼文の一人気ままに、計画なく、何処行ってみようか?と行動するの、良かったでしょう

1日の午後であれば、自分は、うすゆきの湯に入っていた頃かもしれません
Commented by momophoto at 2010-07-22 07:23
ぼんやりすることで出合った花々・・・いいですね~^^
どちらかと言うとせっかちなので、見逃してるものが多い私です^^;
礼文の花々、独特の可憐さ、儚さが愛おしいです。
守り続けてもらいたいですね~
Commented by ジャングル大帝 at 2010-07-22 16:42 x
礼文の日差しはなかなか強いようで!こんがりしましたね~。自分は短い夏しか知らない道産子なので、夏の楽しみ方下手だな~。昔から常夏の海に憧れがあってね。映画のワンシーンみたいに、白い砂のビーチに大好きな人のとなりで夕陽なんか眺めて過ごしたいね~。あー現実は・・・・・。
Commented by あやや at 2010-07-23 01:21 x
>minkさん
minkさん、こんばんは~
実は礼文から帰った後、新札幌駅近くの花屋さんでエーデルワイスの苗を見かけて、
たまらずに買って帰ってしまいました。
庭に植えて朝夕眺め、レブンウスユキソウを思い出しています(笑)
トホウニクレルジカン・・・言葉の響きに着目していただけて意外でしたが、
何か嬉しいです。
Commented by あやや at 2010-07-23 01:28 x
>toshiさん
こんばんは。
礼文島は希少種の花も多く、
そういったものは大切に保護されていますが、
こんな野生の何でもない花も、私には魅力的でした。
生命力というか、懸命に命を咲かせている感じが伝わってきて。

Commented by あやや at 2010-07-23 01:39 x
>hiroro-photoさん
一人旅といっても、島で出会った方は皆さんとても親切にして下さったし、
最後に泊まったユースホステルではかーなーり賑やかだったし(笑)
孤独感にさいなまれることはまったく無かったです。
礼文は特有の花も多く、私も初めて知った花がたくさんありました。

>舞鶴か敦賀から船に乗って小樽経由で礼文ヘ行きたくなりました
うわぁ、それだとかなり長時間フェリーに乗りますね。大変そう・・・



Commented by あやや at 2010-07-23 01:53 x
>いちぼくさん
こんばんは~
私は旅に出かける時、あまり綿密に計画を練る方ではないんですよね。
ざっくりと下調べして、宿だけ予約して、あとは行き当たりばったりということが多いです。
今回は小さい島に4泊ということで、こんなふうにぼ~っとしてました。
(普段からぼ~っとしていますが<笑)
確かにある意味とても贅沢な時間の過ごし方ですよね。
いちぼくさんもいつかのんびり一人旅を楽しまれてみて下さい。
Commented by あやや at 2010-07-23 02:02 x
>EXTRAさん
あの時私の過ごした、さり気ない静かな時間を読み取っていただけて、
なんだかとても嬉しいです。
ハマベンケイソウ、蕾がピンクで、咲き進むにしたがってブルーに変わっていきます。
とても愛らしい花ですよ。

Commented by あやや at 2010-07-23 02:06 x
>ainosatoさん
1,2枚目ありがとうございます。

>遠くのかすむ岬がいいな
そうなんです、岬が海霧にかすむ姿を見かけて、あ、いいなと思って車を止めました。
あ、で車を止めるのは大得意なので(笑)
Commented by あやや at 2010-07-23 02:13 x
>thejetmoleさん
気の向くままに・・・というのは一人旅の醍醐味ですものね。
自由気ままなノビノビ感に、少しの心細さがアクセントになって(笑)楽しめました。

>1日の午後であれば、自分は、うすゆきの湯に入っていた頃かもしれません
え~、そうだったんですか。
私はうすゆきの湯に行きそびれたので、次回行ってみたいです。
Commented by あやや at 2010-07-23 02:18 x
>momophotoさん
私は普段はわりとせっかちなのですが、一人旅の時はぼんやり派ですね。
ぼんやりしすぎて、見るべきものを見逃していることも多々ありますが(笑)
礼文の花々、やはり野に咲くおおらかな姿が好きです。
守り続けてあげたいものですよね。
Commented by あやや at 2010-07-23 02:22 x
>ジャングル大帝さん
礼文から帰って以来、会う人ごとに「日に焼けたね~!」と驚かれていますね(笑)
太陽に愛されたのはいいのですが、これからのお肌が恐ろしいです・・・

夏のイメージがえらく鮮明にビジュアル化されているんですね。
実現されることをお祈りしています(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 優しい海      野にあってこそ   レブンアツ... >>