ふつうのコト

ayaya55a.exblog.jp
ブログトップ
2010年 07月 16日

帰りたい場所      桃エージェントに捧ぐ


b0133447_00524.jpg

桃岩歩道から海を望んで。


b0133447_012489.jpg

左手に遠く見えるのは元地灯台。

b0133447_024290.jpg

そして・・・

b0133447_014985.jpg

鰊番屋を改築した赤い屋根は桃岩荘。
礼文滞在最終日に泊まったユースホステルです。
ユースの掟を破って歌を覚えないまま島抜けをした私は、
いつかエージェントにここに連れ戻されてしまう運命なのです(笑)

桃岩荘のことは後日たっぷりとアップさせていただきますね~





撮影:7月3日       礼文島  桃岩歩道
PENTAX K-7 + PENTAX DA 17-70/4、TAMRON AF 70-300/4-5.6
[PR]

by ayaya55a | 2010-07-16 23:58 | 礼文島 | Comments(17)
Commented by EXTRA at 2010-07-17 01:54 x
礼文島  桃岩歩道からの風景すばらしいですね。
雲が掛かっている雰囲気がとても良いです。

こんな高い所に登るの結構、大変だったのでは。

でも、登ったかいはありましたね。


(>_<)






Commented by mink330 at 2010-07-17 08:26
素敵な写真ですね。
こういう景色を独り占めしたあややさん、羨ましいなぁ~
一枚目と最後が好みです。
登山靴役に立ちましたね。
Commented by yah-_-yah at 2010-07-17 09:07
素敵なロケーションですね。
桃岩荘って有名なところなんですか?以前にも泊まったことがあるとかですか。
以前に行った時は日帰りだったので、こんな場所をゆっくり見て回ることは出来ませんでした。
こんな景色が見れるなら2~3日泊まってゆっくりしたくなりますよね。
緑の中にポツポツと咲く花、それに雲がいい感じで、すごく癒される風景です~♪
いつか行ってみたい!
覗き込むように撮ってますが、危なくないんですか?
Commented by momophoto at 2010-07-17 11:17
桃=モモで、呼ばれたかと思いました(笑)
海岸線から続く山々、厳しそうな環境だなと思う反面、
自然の中のお花たちが、なんとのどかで安らかなんでしょう。
まさに自然と共存してる感じが伝わってくる写真ですね^^
Commented by cornet-1209 at 2010-07-17 16:35
素敵!!!
特に最後の写真が好みです。
雲がいい感じに出ていますね~。
Commented by hiroro_photo at 2010-07-17 16:39
みるものすべてが新鮮です(^^)
ユース「桃岩荘」ってそんな素敵なロケーションにあるんですね!
生きている間に是非行ってみたいです・・・
覚えなかった歌。。。何の歌なんだろ?
Commented by サトケン at 2010-07-18 15:48 x
ごぶさた(^^)
時々ブログ拝見させてもらってますよ。いつもながらクオリティの高い写真がいっぱいで素敵です。
今回の礼文は懐かしいさもあって思わずコメントしちゃいました。
桃岩荘は私は泊ったことはないけれど、港でのお見送りとか、凄いですよね。
話は有名で道内旅行で出会う方々からいろいろとお話を伺いましたよ。
Commented by あやや at 2010-07-19 01:24 x
>EXTRAさん
この桃岩歩道というのは、礼文でも一番人気のトレッキングコースで、
多少勾配はありますが、そんなに大変なコースではないんですよ。
その割に眺めは素晴らしく、お得感がありました(笑)

最初霧(雲?)がかかっていて海が全然見えなかったんですが、
このあたりでやっと見えるように。霞み具合がまたいい感じでしたね。
Commented by あやや at 2010-07-19 01:33 x
>minkさん
一枚目とラスト、ありがとうございます。
ここは最初霧で見通しが悪く、ついてないなと思ったんですが、
少し霧が晴れて、霞んだ雰囲気がかえっていい雰囲気になりました。
むしろラッキーだったかもです。
トレッキングシューズ、持って行ってやはり正解で、
ここでも活躍してくれました。
Commented by あやや at 2010-07-19 02:07 x
>yah-_-yahさん
えっ、礼文へ日帰りだったんですか、それはあまりにもったいなさすぎます~
私は4泊しましたが、それでも帰ってから、あそこへ行き損ねたとか、
あそこは車でなく歩いた方がよかったとか、悔やんでいますもの。

桃岩荘は、ヘルパー(ユースで働いている人)とホステラー(ユースの利用者)が一体となって、
独特の雰囲気を作り上げている、有名なユースです。
私は今回初めて泊まりましたが、もう強烈なインパクトでした。
後日アップさせて頂きますが、写真をどうまとめていいのやら、ホント悩み中で(笑)

この桃岩歩道は、狭いけれど、ちゃんとロープを張った歩道が整備されていて、
歩道から普通に下を見下ろすだけでこんな光景なんですよ、
全然危なくなかったです。

Commented by あやや at 2010-07-19 02:19 x
>momophotoさん
桃=桃岩荘のことだったんです、失礼しました~(笑)
この島は緩急がはっきりした独特の地形と、
海抜0メートルの場所から高山植物が咲くという特有の植生で、
北海道の何処とも違う個性がありました。
季節を変えてぜひまた訪れてみたいですね。
Commented by あやや at 2010-07-19 02:25 x
ラストありがとうございます。
この雲(霧?)、刻々と流れて行って、
この感じに写ったのは、ほんとにこれ一枚だけだったんですよ。
Commented by あやや at 2010-07-19 02:33 x
>hiroro-photoさん
礼文は北海道の何処とも雰囲気が違い、私にもとても新鮮でした。
桃岩荘は礼文島の中でも奥まった場所にあります。
ソフトバンクは電波が通じず、私はそれで音信不通になりました(笑)

>覚えなかった歌。。。何の歌なんだろ?
このユースでは、ミーティングの時間というのがあって、そこで歌った歌です。
後日全貌を明かしますね(笑)
Commented by あやや at 2010-07-19 02:42 x
>サトケンさん
お久しぶりです! お元気そうで何よりです。
サトケンさんも礼文行かれたんですね。
この桃岩荘、様々な伝説が流布しているようですが、百聞は一見にしかずです。
ま、はっきり言えるのは、ミーティングの時の踊りは、私は楽勝だったこと(笑)
ダンサーの私には踊り足りなかったです。
Commented by あやや at 2010-07-19 12:37 x
>cornetさん
ごめんなさい、3つ↑のコメレス、お名前入れてませんでした~
Commented by まぁ at 2010-07-22 02:10 x
今夜も、調べモノの途中で、あややさんとタカさんの写真でグラス傾けてます。あまり見入るとまた泣いちゃうといけないので、感情移入を押さえながら飲んでます。19日にDenDen=元ヘルパー=大学の準教授と呑んで4枚目の写真で、またまたウルウルして困りました。
Commented by あやや at 2010-07-23 00:58 x
>まぁさん
そんな時間にまた呑んで、呑みすぎですってば(笑)
かくいう私も、こんな時間に菓子パンなんぞ食べながらコメレスしているのですが(笑)
私の写真はまだまだ拙くて、自分の感動が表れてないのが歯がゆいんですが、
タカさんの写真ほんとうにいいですよね、写真集にして手元において眺めたいくらい。
実は私、礼文から戻ってしばらくの間、島のことを思い出しては涙ぐんでたんですよ。
なにか胸があたたかくなる、不思議な涙でした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 野に咲く星   レブンウスユキソウ      朝霧の山道 >>