ふつうのコト

ayaya55a.exblog.jp
ブログトップ
2010年 04月 01日

馬がいて、鹿がいて・・・


b0133447_13464627.jpg

明るく広がる雪融けストライプ・・・ああ、もう冬もいよいよ終わりだな、と感じる光景です。



b0133447_1347360.jpg

ここ、日高では馬はもちろん


b0133447_146425.jpg

鹿の放牧もしています。




b0133447_13475825.jpg

・・・なんてもちろんウソ、ごめんなさい~。今日はエイプリルフールということで・・・(笑)
とにかく、突如として現れた雄鹿の群れにびっくり!

ふつう野生の鹿は、雌鹿と生後1、2年の小鹿で群れを作り、雄鹿は群れを離れます。
こんな雄鹿だけの群れは見たことが無く、私は息をのむ思いで、そっとそっと近づきながらシャッターを切りました。
もうまもなく抜け落ちる時期を迎えるからでしょう、白っぽい角をしています。



b0133447_13482767.jpg

そこへ、この牧場の住民?が近づいたかと思うと・・・




b0133447_13485410.jpg

あらら、風のように去って行ってしまいました。
写真としてはナンですが、ちょっと楽しい馬と鹿のコラボ、お後はよろしいようで・・・(笑)








撮影:3月24日        日高町
PENTAX K-7 + PENTAX DA 17-70/4、TAMRON AF 70-300/4-5.6
[PR]

by ayaya55a | 2010-04-01 19:19 | 自然 | Comments(10)
Commented by yah-_-yah at 2010-04-01 20:09
こんばんは。
鹿の放牧、すっかり騙されました~(>_<)
もしかしてこれが言いたかったために、今日までupするのを待ってたんですか~??
でも柵があるのに、この鹿の集団はどうやって入ってきたんでしょう?飛び越えたのかな??

ところで写真とは関係ありませんが、あややさんは5月5日生まれですか?
URLが"ayaya55"だったもので・・・
というか、自分がそういう理由で"yah55"なもので・・・σ(^_^;)
Commented by ジャングルの世話人 at 2010-04-02 15:38 x
ひさしぶりにお邪魔しますよ!先日はご苦労さまでした。鹿の群れって、遭遇したことないのでおどろきだねー。昔、夕張の林道で工事してるとき現場の目の前を横切ったことはありますが。その大きさに驚いたことを思い出します。

やっと春がきて我が家の観葉植物も新葉を出し始めました!やっぱり春はいいな~!
Commented by あやや at 2010-04-02 20:40 x
>yah-_-yahさん
こんばんは~

>もしかしてこれが言いたかったために、今日までupするのを待ってたんですか~??
じつはそうなんです・・・(笑)  
馬と鹿っていうのもエイプリルフール向けかなと思ったし。
鹿たちは柵を飛び越えて入ったんだと思います。
遅れて来た一頭が、ピョ~ンと難なく飛び越えているのを見ましたから。
ほんとにしなやかなジャンプでしたね~

yahさん5月5日生まれなんですね、男性の誕生日としてはすごくいいですね。
私は9月生まれなんですよ、URLを55としたのは5という数字が好きなのと、
行け行けgogo!的な意味を付加したもので、誕生日とは関係なかったんです。 
Commented by mink330 at 2010-04-02 20:51
ほんとに鹿を飼っているのかとちょっとびっくり。
でもあややさんのジョークとわかって、あんしん。
でもすごいですね。このたくさんの鹿。
こちらに向かってきたりしないのですか?おおこわ!

↓ のおもちゃの様なローカル線、いいですね。
Commented by あやや at 2010-04-02 20:54 x
>ジャングルの世話人さん
ようこそ、こちらではおひさです(笑)、 先日はお疲れ様でした~
鹿って、今あちこちで増えすぎてたいへんみたいですよ。
道東なんか運転する時は、鹿とぶつからないか、もうヒヤヒヤものですもの。

観葉植物も新葉を出して、心弾む季節になりましたね。
これから管理人業も忙しくなりますね(笑)
そのうちまた、ジャングルの様子を教えて下さい。

Commented by あやや at 2010-04-02 21:25 x
>minkさん
旅先からのコメントありがとうございます~
柵の中にこんなに鹿がわんさといたので、
私も一瞬、ここは鹿牧場?とほんとに思ったんですよ(笑)
雄鹿ばっかりの群れなんて見たことがなかったので、
引き寄せられるように撮っていました。
こちらへ向かってくるかもなんてまったく考えなかったです・・・

日高本線、自然の風景の中での一両編成というのが、
北海道のローカル線らしい雰囲気で好きなんです。

Commented by doronko-tonchan at 2010-04-03 07:14
馬と鹿・・・連想するそれには触れないでおきます(笑)
田園好きな私は残雪のストライプ畑☆
腰折れ屋根の納屋☆
↓一両のディーゼルが「北海道中ひざくりげ」的、旅情を感じます!
Commented by cocoon at 2010-04-03 18:03 x
↓「真島満秀の世界」…私も持っています。
彼が亡くなられて一年が経ちましたね。
これからはもう彼の新作を拝見できないと思うと残念ですね。

…「彼は真に努力の人だった…不屈の熱意で線路際に佇み、
冷たい風雨に打たれ続けたからこそ、数々の秀作は生み出されたのだ。
そうでなければ、こんなに早く他界することはなかった。」
…という松尾定行氏の言葉通り、努力の人だったのですね。

点描のような一両車両や、人の居ない駅舎にも、
ちゃんと人の温もりを感じさせてくれる暖かな画像が好きでした。
本の表紙の中の氏は、永遠に私たちを見守ってくれそうですね。
Commented by あやや at 2010-04-03 22:36 x
>doronko-tonchanさん
あ~、やっと馬と鹿に反応して下さる方が・・・ありがとうございます(笑)
田園風景、私も大好きです。
本州出身の私には、こんな風景に北海道らしさを感じ、ついシャッターを押してしまいます。

北海道中ひざくりげですか、面白い表現ですね。
こういうローカル線、できれば膝栗毛的に一駅一駅撮りたいところですが、
運行本数が極端に少ないのでとても無理なんです。

Commented by あやや at 2010-04-03 23:05 x
>cocoonさん
もう一年たつんだなんて、なんだかとっても早い気がしますね。
私は鉄写真に関してはまったく無知で、真島氏のこともcocoonさんのおかげで知ったんですよね。
あの情感あふれる写真をこれからももっと・・・と思った直後の急逝だったので、
ことのほか残念に思ったものでした。

あの写真集を見ていると、行ったことのない場所でも懐かしく感じるのが不思議です。
人の心にふれる、何か普遍的な力を持っているのでしょうね。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 真冬の道東    記憶の記録 ...      雪融けの季節に    のんびり... >>