ふつうのコト

ayaya55a.exblog.jp
ブログトップ
2010年 03月 09日

旅の終わりに




b0133447_20483944.jpg

北浜から網走駅までは、オホーツク海沿いを走り抜けます。
この時点で16時過ぎ、札幌へ帰る列車は17時18分発。
その前にレンタカーも返さなくてはならないし、ゆっくりしている時間はもうありません。






b0133447_2049666.jpg

網走港に近づくと、静かに淡い黄昏が降り始めます。
ああ、この光景をずっと見ていられたら・・・!







b0133447_22544173.jpg

車を走らせては、止められる場所に何とか止めて急いで撮って、また走らせて・・・
そんなことを繰り返しがら、迫る時間を気にしつつ進みます。
通り過ぎてしまうには、あまりに心ひかれる流氷の海。







b0133447_20501770.jpg

流氷を見たいという思いだけで踏み切った、バカみたいに不器用で熱い旅ももう終わり・・・




b0133447_20504394.jpg





b0133447_20511466.jpg

最後の最後に見せてくれた流氷の海の、なんと甘やかな色だったことでしょう。





b0133447_2052175.jpg流氷という言葉が生きた形となって、
目の前で新鮮にはじけた2泊3日の旅。
思い切って行ってほんとうによかった・・・
こんなふうに本能だけでガーッと行動できたことが、
自分でも不思議です。


普段あまりアルコールを頂かない私ですが、
帰りの列車ではちょっと祝杯をあげたい気分に。
ワゴンサービスで買ったのはJR北海道オリジナルの赤ワイン。
ちなみにこれ、200ミリです、フルボトルじゃありません(笑)
祝杯の後、爆睡してしまったことは言うまでもありませんが・・・











b0133447_20522737.jpg

そして終点の札幌駅で下車する時の、降りる反対側のドア。
網走から5時間あまりの旅を物語るかのよう・・・これがこの旅のまさにラストショットでした。


流氷の旅、長々とお付き合いいただいて、ほんとうにありがとうございました。






撮影:2月21日    1~6枚目、網走市   7、8枚目  特急オホーツク車内
PENTAX K-7 + PENTAX DA 17-70/4、TAMRON AF 70-300/4-5.6
[PR]

by ayaya55a | 2010-03-09 20:13 | 道東 | Comments(24)
Commented by hiros at 2010-03-09 20:30 x
あややさんの幸せが伝わってくる2泊3日でした。
私は1泊2日になりそうです。。(;_;)(謎)
Commented by mink330 at 2010-03-09 20:42
夕焼けの流氷の海に後ろ髪引かれる思いで帰ってきたあややさん。
海に引きずり込まれないで良かったね。
あややさんの行動力に乾杯です。
ワインはさぞおいしかったことでしょう。
Commented by cornet-1209 at 2010-03-09 21:35
本当に充実された3日間だったのでは?

私も普段、ほとんどアルコールは飲まないのですが
祝杯をあげたくなる気持ち、わかります!
Commented by ariari at 2010-03-09 22:14
あら、成果満載じゃないですか。行って良かったですね。
ウトロ以外は、まあ、思ったような流氷じゃなかったでしょうが。
ぼくなんて日帰りだから夕陽も望めず悔しいっす。
ラストさすが183系、古参の国鉄車。ドアがガタガタなので致し方なしw
Commented by momophoto at 2010-03-09 22:53 x
物語を読むように・・・なんだか涙がこぼれました^^;
白鳥がまるで、また来てねというようにこちらを向いていますね。
一人祝杯を挙げたくなる気持ちが分かります。充実感ですね~

ペーパータオルの件、ありがとうございます^^
そして、帰省日はそのまさかの11日です(>_<)
帰省して早々雪かきが待っていそうですね。
Commented by beni at 2010-03-10 00:10 x
流氷の旅、お疲れ様でした。
ほんとうに、流氷だけを追ってった旅だったんですね~
流氷に2泊3日かけるってハンパないです。それだけ見たかったという勢いを感じました。
みんなで行って見た港の薄氷(笑)は、思いもかけないきっかけを作ってくれて
結果的にあの時見れてなかったことが、この良き旅を生み出してくれたんだなあと思いました~
ベリーダンスが落ち着いたら、流氷な和菓子を。。みんな期待してると思いますw
ゼリーでもいけそうですね!
Commented by Blog_Maya at 2010-03-10 07:34
帰りの車内5時間余りは行きと違って、充実感と余韻で満ち足りた時間だったのではないでしょうか?
知らない町で運転が出来ない私には真似できませんが、素敵な旅でしたね。  私も「暖かくなったら、何処かに行こうかなー」なんて思いました。
Commented by あやや at 2010-03-10 16:29 x
>hirosさん
まさに流氷との蜜月といってもいい時間を過ごせました。
このところ謎だらけのhirosさん、
何を頑張るのかわかりませんが頑張って下さい(笑)
Commented by あやや at 2010-03-10 16:34 x
>minkさん
あの時はとっぷり暮れるまで海を見ていたいと感じたのですが、
今思うと、もう少しいたいという思いを残しながら帰路についたのも、
それはそれで余情があっていいものでした。
ワインは、お酒に弱い私がちょうどいいくらいの、
ぶどうジュースに毛が生えたくらいのものでしたが、ことのほか美味しく感じましたよ~

Commented by あやや at 2010-03-10 16:38 x
>cornetさん
お陰様で、心ゆくまで自然と対話できた旅でした。
何なんでしょうね、ふだん飲まないのに、車内で一人飲みたくなるなんて・・・(笑)
やっぱり自分の中で、スペシャルな嬉しさがあったんでしょうね。
Commented by あやや at 2010-03-10 16:46 x
>ariariさん
ほんとうにスパッと出かけてしまったのですが、行ってよかったなと素直に思える旅でした。
ariariさんはお仕事でしたからね、
でも、ピンポイントで思うようなシーンが撮れたから良かったじゃないですか。

>ラストさすが183系、古参の国鉄車。ドアがガタガタなので致し方なしw
そんなミもフタもない・・・(笑)
私、ドアの内側が凍りつくなんて初めて見たので、それなりに感慨深かったのに(笑)
Commented by あやや at 2010-03-10 16:53 x
>momophotoさん
この白鳥たち、こんなにたくさんいたけれど、ここにずっといたというのではなくて、
けっこうサーッと通り過ぎていったんですよ。
ほんとうに私の旅の最後を彩ってくれたかのような光景でした。

今、10日の夕方ですが、今のところ札幌は雪も風もないです。
11日の予報、いい方にはずれてくれるといいですね、どうぞお気をつけて。



Commented by あやや at 2010-03-10 17:03 x
>beniさん

>ほんとうに、流氷だけを追ってった旅だったんですね~
そうなんですよ、呆れたでしょ?(笑)
2泊3日といっても、JRでの移動だと、実質撮影に当てられるのは1日半なので、
他にも撮りたかったもの(鉄とか駅)もあったんですが、タイムアップしてしまいました。
冬場にまとまった時間が取れるbeniさんがうらやましいです。

>結果的にあの時見れてなかったことが、この良き旅を生み出してくれた
そう、まさにあれが呼び水でしたね(笑)
もう私くらいのトシになると先送りは出来ないので、思い立ったら即実行です。
これからも呆れずに見守ってやって下さい(どっちが年上だ<笑)
Commented by あやや at 2010-03-10 17:10 x
>Mayaさん
帰りの5時間はですね、「オホーツク三昧弁当」(カニ、ホタテ、サケ、イクラの豪華4点セット)を食べて、
ワインを飲んで、「とろけるチーズ手焼きイカ」かじって1時間、あとの4時間は寝てました(笑)
家族との旅行も、もちろん楽しいですが、たまにはこんな小さな一人旅もいいですよ。
一人というだけで目線が変わりますもの。
Mayaさんも機会があったらぜひ!
Commented by cox-orange at 2010-03-10 17:14
お疲れ様でございました。
私も一緒に旅できたようで嬉しかったです。ペンギンにもあえたし。(笑)

>最後の最後に見せてくれた流氷の海の、なんと甘やかな色だったことでしょう。

本当に「あまやか」という言葉ピッタリのロマンチックなシーンです~。
刻々と変る色、景色、、、過ぎ去ってしまう美しさははかなくて切なくなってしまいますね。
そうやってうっとりしてるのに、横で見ていた約一名(主人)が「この写真を自分のPCに送れ」とうるさいの何の。やれやれ。

ラストの一枚、本当になんだか象徴的ですね。(笑)
Commented by final_impression at 2010-03-11 00:55
いい撮影の旅でしたね.
その行動力が好きです.
以前のEntryに書かれてましたが,流氷に関しては撮らされたと.
確かに偉大な大自然を前にしたらそうなっちゃうのでしょうね.
富士山もこちらがしっかりとしたイメージを持ってないとただ撮らされてしまうと聞いたことがあります.
あややさんの一人旅を見て,来年は0泊1日で行きたいと心に誓いました...爆
Commented by cocoon at 2010-03-11 01:02 x
あややさん
こんな時間にごめんなさい。
自立した素敵な旅でしたね。
厳しくもおおらかな大自然の大きな懐で、
感動し、ちょっぴり慄き、ご自分を見直した旅でしたね。
北海道の厳寒な自然には立ち向かえそうもない年に
なってしまいましたが^^冬の大地に憧れます。
いつの日にか、冬のオホーツクへの一人旅をと、
希望を胸に暖めています。
感動をありがとうございました。
Commented by doronko-tonchan at 2010-03-11 09:47
オホーツク団地のバス停が郷愁感たっぷりです。
これは私の好きな「つげ義春」の世界です。^^
Commented by Rufard at 2010-03-12 00:42 x
あらためてオホーツクの旅、おつかれさまでした。
一歩踏み出して向かわれた彼の地で感じたものがそのままストレートに写真に現れているように思います。
大自然の凄さ・美しさが改めて分かりました。

しかし183系…ボロボロだなぁ。
既存の特急車両の中では最古参ですからね…ドアも凍ります。
Commented by あやや at 2010-03-12 09:41 x
>cox-orangeさん
ほんとうに不器用に流氷を追った旅でした。
私の方こそペンギンがうけて嬉しかったです~(笑)

何であれ一期一会なんでしょうが、こんなふうに旅をしていると、
移り過ぎてゆく光景の一瞬一瞬が、ひとしお切なく感じられたものでした。

>横で見ていた約一名(主人)が「この写真を自分のPCに送れ」とうるさいの何の。
わ、それは光栄です。ダ、ダンケシェーンとお伝え下さい。
(これでもその昔第二外国語だったんですが・・・<笑)
Commented by あやや at 2010-03-12 09:52 x
>final_imoressionさん
お陰様でいい旅でした。思い切って行ってよかったです。
自然撮影って、行動力プラスいい意味でのしつこさが必要なんでしょうが、
どうも私に後者が足りないみたいです。
自分のイメージに根気よく引き寄せて撮る・・・わかっちゃいるけどたいへんです(笑)

>来年は0泊1日で行きたいと心に誓いました
こんさんのこと、必ずや実行されるでしょう。星と流氷を絡められるのかしら?
私はここでは、夜は露天風呂からしか星を見ていなかったので(笑)ぜひ見せて下さい~
Commented by あやや at 2010-03-12 10:55 x
>cocoonさん
いえいえ、時間に関係なくいつでもお越し下さい。
私のほうこそお返事遅くなってごめんなさい、
今、PCに向かう時間が不規則にしか取れなくて。
旅で私が感じたこと・・・
自然への畏敬とか、やっぱり生きるって悪くないな、とか・・・
そんなこんなが、下手な写真でも少しは伝わったのだとしたら嬉しいです。
冬のオホーツクは、厳しいけれど、静かに対峙するもよし、
文字通り雪原に身を投げ出すもよし(笑)です。
cocoonさんも機会があればぜひ。
Commented by あやや at 2010-03-12 11:03 x
>doronko-tonchanさん
このバス停、いったんは車で行き過ぎたのですが、どうにも心に引っかかって。
時間を気にしつつ、戻って撮りました。
つげ義春は私も読みました、独特の世界を持っていますよね。
Commented by あやや at 2010-03-12 11:28 x
>Rufardさん
今回の旅、写真的には、もっと別のアプローチをすればよかったかなとか、
撮りたかったものも時間がなくて撮れなかったりで、
そういう意味では不満はありますが、ともあれ流氷を身体で感じることが出来てよかったです。
大自然をねじ伏せることなんて私には無理、
ストレートに寄り添い、感じるだけで精一杯です。

~系というの、私はチンプンカンプンですが、これはそんなに古い車輌だったんですね。
そんなのに乗ったなんて、かえって得がたい経験だったかも(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 春が待ち遠しくてたまらない      帰りの道すがら >>