ふつうのコト

ayaya55a.exblog.jp
ブログトップ
2010年 03月 08日

帰りの道すがら



流氷三昧だった旅もそろそろ終わりに近づき、網走駅へと車を走らせます。
このあたりではまだ少し時間に余裕があったので、目に止まったものをちょこちょこ撮りながら。

b0133447_14565440.jpg

雪に埋もれた小さな神社の境内で、俄然目をひいた野外ステージ。
農業用の倉庫を利用しているのですが、こういうものが妙にツボにはまる体質で(笑)
夏にどんな出し物がかかるのかなぁ。


b0133447_14562316.jpg

ただもう晴れ上がった冬空と防風林、それだけ。そのストレートさにグイとカメラを向けます。
ゴーストだフレアだ、かまうもんか~!と、真っ向から撮ったら思い切り出てました。惨敗(笑)



b0133447_14572243.jpg

雪に閉ざされた大地の一部が溶けて、また凍って溶けてを繰り返す・・・
こんなにたくさんの雪もいつかは全部溶けて、必ず春はやって来るんですよね。



b0133447_14582612.jpg

まだ氷に閉ざされていた湖、濤沸湖。



b0133447_14584831.jpg

前日は吹雪で何も見えなかった北浜の海。この日は、きりりととした表情を見せてくれました。
遠く網走の港に、流氷がたゆたっているのが見えます。
もう帰りの列車を気にしなければならない時刻・・・旅のカウントダウンが始まります。










撮影:2月21日   1枚目  斜里町 朱円 、  2、3枚目 小清水町、  4、5枚目 網走市   
PENTAX K-7 + PENTAX DA 17-70/4
[PR]

by ayaya55a | 2010-03-08 17:12 | 道東 | Comments(12)
Commented by いちぼく at 2010-03-08 17:43 x
こんちは^^
流氷野のシリーズ、行った気分で楽しませていただきました☆
雪に覆われた風景の中でも、ふと春の兆しを感じ取れるんですね
旅が終わりに近づくと、なんともいえず寂しくなります
だから、帰ったとたん、また訪れたくなるんですよね♪
Commented by Blog_Maya at 2010-03-08 19:03
この間 「あややさんに追いつきたい」なんて書き込みましたけれど、無理だ・・・。
絵作りだけでも・・・と思っていたのだけれど、上手すぎる!!
ええーい、ヨチヨチ歩きでも頑張るぞー!(笑)
二枚目、出てても好きです。
Commented by momophoto at 2010-03-08 20:57
あややさんが惨敗とおっしゃる2枚目好きです^^
吹雪だったり、晴れたり変わりやすい北の冬場だからこその力作
楽しませていただきました^^

すみません、こんな所でお尋ねしていいものかどうかなのですが
雪や雨のときに利用されているという、ペーパータオルっていうのは、
いわゆるキッチンペーパーですか?
柔らかな、カメラ用のペーパータオルがあるのでしょうか?
今週から帰省予定なのですが、雪マークばかりで^^;
Commented by mink330 at 2010-03-08 21:17
あややさん、こんばんは!
どの写真も気負わず、自然な気持ちで撮っていてすばらしいと
思います。
フレアも気にすることないと思いますよ。
とってもいい写真だと思います。
1枚目の鳥居の色と質感すごいですね。
4枚目も広がりがあってすばらしいと思います。
Commented by thejetmole at 2010-03-09 00:12
融けて、凍って 昨年初めてみましたが、とても綺麗でした
この写真、なんだかさざ波を連想して、いいですねー
Commented by のんのん at 2010-03-09 00:26 x
網走は両親の生まれ故郷です。2年前に亡くなった父が晩年によく
「網走に行きてーなー。」とつぶやいていました。もうとても行けるほどの
体力が無くなっていたころだったので胸のつまる思いでした。
父も写真が好きでよく撮っていました。ラストの海の写真は父が見たら
喜ぶだろうな~なんてちょっとうるうる気分で見てしまいました。
Commented by あやや at 2010-03-09 20:48 x
>いちぼくさん
楽しんでいただけて嬉しいです。
流氷が岸から見られるのは、北海道でも限られた場所、ごくわずかな期間ですので。

>雪に覆われた風景の中でも、ふと春の兆しを感じ取れるんですね
2月も半ばを過ぎると、どんなに気温が低くても、
ふっと日差しの中に春の軽さを感じる時があるんです。
北国だからこそ、そういう少しの変化が嬉しくて。
旅の終わりの切なさと安堵感の入り混じった気持ち、何ともいえませんね。
ほんとうにすぐまた旅に出たくなってしまいます。
Commented by あやや at 2010-03-09 21:06 x
>Mayaさん
そんなぁ、追いつくとか無理とか、私の写真はそんなのと違いますって(笑)
私のは何というのでしょう・・・自分の感動や記憶を形にとどめたいというだけ。
もともと創作に携わっているMayaさん、写真もちゃんと作品作りを意識されていて、
私の方こそ見習わなくてはと思っています。
Commented by あやや at 2010-03-09 21:30 x
>momophotoさん
2枚目ありがとうございます。
結果的にはダメダメでしたが、自分の中ではこんな感じに、と思って撮った一枚です。

>雪や雨のときに利用されているという、ペーパータオルっていうのは、
いわゆるキッチンペーパーですか?
はい、キッチン用のペーパータオルで、特にカメラ用とかではありません。
使いやすいようにたたんでバッグにしのばせます。
センセイもそのように実践されております(笑)
今週帰省されるんですか、お天気が心配ですね。
10、11日は大荒れとの予報です、お気をつけて下さいね。
Commented by あやや at 2010-03-09 22:05 x
>minkさん

>どの写真も気負わず、自然な気持ちで撮っていてすばらしいと
思います。
ありがとうございます~
もともとシンプルな写真を撮る私ですが(笑)、ここではいっそうそれが顕著になりました。
あれこれひねりまわすのは、何か違うという感じで。
神社は建物も撮ったのですが、鳥居とステージのコラボが私にはツボでした、
踊り子なのでステージの文字に弱いのかも(笑)

Commented by あやや at 2010-03-09 22:22 x
>thejetmoleさん
遠く広がる雪原の溶けた雪がまた凍って光る・・・
thejetmoleさんもご覧になっていらっしゃいましたか。
これって、私の中では厳しい冬の終盤を象徴する光景なんです。
この時は逆光の中でほんとうにきれいでした。
Commented by あやや at 2010-03-09 22:32 x
>のんのんさん
ご両親が網走出身でいらしたんですね。
北浜からの網走の海の眺めは、私もとても好きな光景です。
お父様喜んで下さったでしょうか・・・
私の父も亡くなる前、しきりに故郷に帰りたがっていました。
愛知と長野の県境の、奥三河というほんとうの山奥でしたが。
のんのんさんのコメントで私も目の奥がじわ~です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 旅の終わりに      流氷   春は海から >>