2010年 03月 02日

心を揺さぶる波


流氷の旅の最終日。
私は知床半島のオホーツク海側から太平洋側へ向かおうとしました。
以前から一度行ってみたかった野付半島のトドワラを見て、
それから羅臼まで足を伸ばしてそちらの流氷を見て・・・
夕方の網走発の特急に間に合うように戻っても300キロ弱。
一日あれば大丈夫かなと思ったのですが・・・


b0133447_208565.jpg

とにかく道路が半端じゃなく凍っているんです。
このあたりはまだ道が平坦だったので余裕だったのですが、少し山道に入るともういけません。
運転していて顔が引きつるのが自分でわかります。
そこへ「根北峠全面凍結」の電光表示。ここはもうスパッとあきらめてUターンしました。
構想300キロ、実走20キロ・・・(笑)





b0133447_2092186.jpg

そしてまたしてもウトロへ向かうのですが、
崖からかいまのぞく海が、昨日とはまた違う色。





b0133447_2251384.jpg

岸辺におりると雪が降り始めました。
凍りながら、重くうごめく海。またしても初めての光景が広がります。






b0133447_20113457.jpg

氷をはらんだ海は重く





b0133447_20142358.jpg

波音はザブーンではなく、ズーン・・・ズーン・・・という響き。





b0133447_2282525.jpg

私に、深く打ち寄せる氷の波。
しばらく写真を撮ることもやめ、激しく降りしきる雪の中でペタンと座り込んでいました。
来てよかった・・・涙がはらはらとこぼれます。






b0133447_22205935.jpg

こんなふうに心を揺さぶる情景に、解釈を与えて写真にするのは私にはまだ無理。
無心にシャッターを押すこと以外何も出来なくて。

このあとさらに風雪が激しくなり、ここでの撮影は不可能になったのですが、
私はしばらくこの場を離れることが出来ませんでした。













撮影:2月21日     1枚目 斜里郡 清里町 、  2枚目以降  斜里郡 斜里町
PENTAX K-7 + PENTAX DA 17-70/4
[PR]

by ayaya55a | 2010-03-02 23:58 | 道東 | Comments(6)
Commented by mink330 at 2010-03-03 08:33
あややさん、おはようございます。
 オホーツクの海、すごいですね。
この光景を一人占めしたら私も涙が出てくるかもしれません。

とにかく300kmを踏破しようとしたあややさん、すごいとしか
言いようがありません。

 野付半島は季節のいいとき行ったことがありますが
冬は厳しいでしょうね。来年の冬の楽しみにしましょう。
Commented by あやや at 2010-03-03 19:13 x
>minkさん
こんばんは~
ここでの流氷の光景は、自分にとってはスペシャルなものとなったのですが、
写真はボヤけていて、何とも・・・
でも、大切に胸に刻み込んだ忘れえぬものとなりました。

300キロくらいたいしたことないですよ~
私の知人でオーロラを撮る人は、1500キロ休まずに走るといいいますし。
野付半島はちょっとついでに、というような場所ではないようですね、
行ったらじっくり撮りたくなりそう・・・いつかきっと行ってみたいと思います。

Commented by thejetmole at 2010-03-04 00:15
今にも聞こえて来そうです
海鳴りの様な低くて柔らかい音
ブルーからグリーンにかかる独特の色

今年は寒いのに、昨年より流氷の接岸が短い様です
その中で、咄嗟に行動し、こういう場面に出会えたのはラッキーだったと思います
来年の流氷自体、どうなる事かと心配しています
まして、生身である人間自体、来年どうなっているのか解りませんから
Commented by Rufard at 2010-03-04 22:47 x
ブルーグリーンの海、こっち(日本海)では見ませんね。オホーツク独特の色なのでしょうか。
思い立ったが吉日で旅に出た甲斐があったようで、写真からそれが伝わってきました。本当に良い旅になったようで良かったですね。
Commented by あやや at 2010-03-05 21:50 x
>thejetmoleさん
thejetmoleさんの、流氷接岸の瞬間の情景の中でも、
波音が変わるシーンがありましたよね。
氷をはらんだ波音というのは、独特の柔らかい響きをしているんですね。
この時の情景は私にとって忘れえぬものになりました。

今回は、ほんとうに本能だけで行動しました・・・って、私はいつもたいていそうですが(笑)
確かに年々流氷の接岸期間も量も減ってきているようですね、
来年に先延ばししなくてよかったと思います。

Commented by あやや at 2010-03-05 22:06 x
>Rufardさん
オホーツク海って、流氷のおかげでプランクトンの組成が違うらしく、
それもあってこういう独特の色をしているようです。
私は何かを思い立つとすぐ実行してしまうタチで、
それがいいメに出る時とそうでない時があるのですが(笑)、
今回は正解で、ほんとうに心に残る旅になりました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 桃の節句にちなんで    和菓...      流氷  暮れ色の調べ >>