ふつうのコト

ayaya55a.exblog.jp
ブログトップ
2010年 03月 01日

流氷  暮れ色の調べ



b0133447_17144526.jpg

また流氷の旅に戻ります。
冬の知床で汗をかくほど遊んだ後の、斜里の宿への帰り道。



b0133447_17152198.jpg

見たことのない色に暮れていく海。



b0133447_17154837.jpg

空も海も、目に映るものすべてがひとつに調和して、静かなハーモニーを奏でてくれました。





b0133447_1717115.jpg






b0133447_17172524.jpg

流氷がゆったりとたゆたう海を、私はただもう見つめているだけでした。
暗くなるまで。





撮影:2月20日     斜里郡 斜里町
PENTAX K-7 + PENTAX DA 17-70/4
            TAMRON SP AF10-24/3.5-4.5
            PENTAX FA 50/1.4

            
[PR]

by ayaya55a | 2010-03-01 22:19 | 道東 | Comments(24)
Commented by いちぼく at 2010-03-01 22:49 x
こんばんわー^^
暮れ色の調べ!タイトルがいいですね~♪
わたしも使わせてもらおうかな(笑)
流氷に映る暮れ色、ほんとに素晴らしい!
わたしもいつか撮りたいと思っている風景そのものですー
神々しささえ感じますね
あややさんの心に響いた調べが聴こえてきそう☆
Commented by cornet-1209 at 2010-03-01 23:07
こういう光景、私も生で観たかったです。
何とも言えずいい色ですね・・・。
ずっと眺めていたい景色です。
Commented by thejetmole at 2010-03-02 01:10
これは、天から与えられた、荘厳な至福の時ですね
思いきって行った甲斐が有ったというものです
こちらまで嬉しくなりました
とっぷりと日が暮れても、そこに居たかったんだなと思います
そういう時、そういう場所って有りますから
Commented by final_impression at 2010-03-02 01:23
すってき~!!
2枚目広がりとパースがなんともいい!
最後のも色が~~~~ステキ!
何となくわかりますただ見つめたくなるの.
でもシャッターも押しまくっていたのでしょうけど...爆
Commented by cox-orange at 2010-03-02 01:54
私も2枚目に「おおーーーっ」となりました。
それから助走をつけてのラストの一枚まで、頭の中で物語が出来ていくようです。
こんな大きな自然の中だったら「何かの偉大な力」を感じずにはいられませんね。

前回の一本勝負の記事を見てから、頭の中にご飯と味噌汁と大根卸しが浮かんで困ってます。
ここに無いのはハタハタ(大好物)とホッケだけ。。。くくーっ。
Commented by doronko-tonchan at 2010-03-02 07:48
わぁ・・・流氷*O*  見られてよかったですね。^^
Commented by momophoto at 2010-03-02 08:02
刻々と変わる海の色と流氷の色。
タイトル通り奏でるようです。
ファインダー越しでこの広がり、現実も見てみたいと思わされます。
Commented by toshi at 2010-03-02 20:56 x
こんばんは。
流氷堪能させていただきました。。。

紋別、網走での流氷観察はこれからも
きっと無理ですね。。。

来年は知床方面にします。。。(*^_^*)
Commented by mink330 at 2010-03-02 21:34
すごい光景ですね。
夕焼けと流氷、素敵な光景を写真に納められて
満足でしたね。
Commented by cocoon at 2010-03-02 22:52 x
あややさんは詩人ですね。
私だったら何と題を付けていたでしょう。
至福のひと時だったでしょうね。
その為に無数の努力もしたんですものね。
凄い光景を見せて頂いて感謝します。
Commented by ariari at 2010-03-02 23:13 x
ぼくの時は夕暮れまで居ることができなかったのでよかったですね。
流氷、大部分は離岸しちゃっていたみたいですが、残っていてよかった。
とにかく日々形を変えるので撮影はホント難しく、運任せです。
あっちのコラム用にここウトロで撮影した星を絡められたのも一晩中待って、わずか30分。
なので、こういう出会いがあったことだけでもホントよかった。
Commented by Amy at 2010-03-02 23:54 x
タイトルに負けない素晴らしい写真が並びましたね。
きっと心の奥深く刻まれたことだろうと思っています。
写真の色から、実際目でみたあややさん至福の時間でしたね。
こちらにも幸せわけてもらいました。
Commented by あやや at 2010-03-03 08:49 x
おはようございます~

>暮れ色の調べ!タイトルがいいですね~♪
ありがとうございます。ここでの夕景は、ドラマティックというより、
調和とかハーモニーという言葉がしっくりくる眺めでした。
タイトル、お気に召して下さいましたか、どうぞいつでも使って下さい(笑)
水辺の光景はいつも心惹かれるものがありますが、
こんなふうに染まり行く流氷はなかなか遭遇できないので、嬉しかったです。
Commented by あやや at 2010-03-03 09:04 x
>cornetさん
どんな光景もそうですが、一期一会なんですよね。
同じ場所でも同じ光景は二度と見られません。
ここでの時間はほんとうに贅沢なものでした。。
cornetさんもご自分だけのステキな光景に遭遇できるといいですね。
Commented by あやや at 2010-03-03 16:59 x
>thejetmoleさん

>これは、天から与えられた、荘厳な至福の時ですね
ほんとうにそうだったんだと思います。
thejetmoleさんが流氷接岸の瞬間に立ち会えた、
あの時もまさにそれだったんでしょうね。
この旅は行き帰りの列車と宿だけ決めて、あとは何も計画しないで、
流れのままに行動したんですが、それがことごとく正解だったんですよね。
日の暮れた後の、あの静かでちょっと切ない気持ち・・・
悪くなかったです。
Commented by あやや at 2010-03-03 17:07 x
>final_impresionさん
2枚目とラスト、ありがとうございます。

>でもシャッターも押しまくっていたのでしょうけど...爆
いえ、それが案外そうでもなくて・・・
暗くなり始めてからは、自分の持っている一番明るいレンズに替えて、
もう時折撮っただけ(4、5枚目、アングルほとんど変わってないし<笑)
私、感動すると写真撮るより、ファインダー越しでなくしっかり見て、
胸に刻みたいと思っちゃうんです。
フォトグラファーとしてはダメダメなんですけどね。
Commented by あやや at 2010-03-03 17:15 x
>cox-orangeさん
2枚目、ありがとうございます。
なんだかんだ言っても、私の写真では、
実際の素晴らしさは全然伝わってはいないんですけれどね。
今回の旅では、写真にはあらわせないような感動ばかりで・・・
と、実に弁解がましいですよね、写真のウデはどうした(笑)

そっか、ハタハタとホッケはドイツにはないんですね~
そもそもドイツ人は干物は食べないのでしょうか?ニシンなどでも?
なんだか、俄然興味がわいてきました。
何かの折にでも、ドイツのお魚事情などもレポートして下さいね。

Commented by あやや at 2010-03-03 17:18 x
>doronko-tonchanさん
ありがとうございます~
斜里滞在中、毎日いろいろな表情の流氷を見ることができて、ほんとうにラッキーでした。
Commented by あやや at 2010-03-03 17:31 x
>momophotoさん
私の写真では、実際の光景の素晴らしさが全然伝わっていないんですよ~
流氷の海の夕暮れの、あのおおらかでいて切ない空気感・・・
やはり、実際見ていただきたいですね、
monmophotoさんも機会があればぜひ。



Commented by あやや at 2010-03-03 17:47 x
>toshiさん
こんばんは。

>紋別、網走での流氷観察はこれからも
きっと無理ですね。。。
今年は紋別はダメだったみたいですね、
網走は私が行った頃あたり(2月21日頃)までは、接岸していたようですが。
年によって、知床方面もどうなるかわかりませんが、
だんだん流氷自体少なくなってきているようですね、
やはり温暖化の影響なのでしょう。
来年はご覧になれるといいですね!

Commented by あやや at 2010-03-03 17:50 x
>minkさん
前日の夕方は雪だったし(それはそれでよかったですが)、
この翌日の夕方はもう帰りの列車に乗らなければならなかったので、
この日に夕暮れの流氷が見られてラッキーでした。
これからもずっと忘れられないシーンになりそうです。
Commented by あやや at 2010-03-03 17:55 x
>cocoonさん
いえいえ、私は詩人じゃありません、いたって世俗的な人間で(笑)
こんな光景を前にすると、誰しも普段とは違う感情がわいてくるものなんでしょうね。
この時の旅は努力をしたというより、本能的な勘に従って行動したという感じです。
そういう旅も時にはいいものですね。
Commented by あやや at 2010-03-03 18:02 x
>ariariさん
お仕事とはいえ、弾丸撮影行はたいへんでしたね。
今年はどうやら、ariariさんが行かれたあたりから2週間くらいしか
接岸しなかったようですね。
お互いササッと行動に移してよかったですよね。
私はariariさんのように狙いを定めた撮り方はできなくて、
ただもう流氷に撮らされてしまいましたが、それはそれでいいやって思います。
Commented by あやや at 2010-03-03 18:10 x
>Amyさん
日暮れ時の流氷は、そうたびたび見られるものではないし、
色の変化がこれまで見たどの夕暮れとも違っていて、感動しました。
でも写真では感動の100分の1くらいしか表せてないんです~
雰囲気だけでもお伝えできたとしたら嬉しいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 心を揺さぶる波      第24回 フィルム一本勝負 i... >>