ふつうのコト

ayaya55a.exblog.jp
ブログトップ
2010年 02月 26日

冬の知床を楽しむ


b0133447_1785143.jpg

すっかり冬晴れとなったこの日の午後。あまりの好天に誘われ、冬の知床を楽しむことにしました。
小さく見える一団は、ドライスーツを着て流氷の上を歩く、今人気の流氷ウォークのグループ。
私もやってみたかったのですが、もう定員で入れませんでした。残念・・・




b0133447_16425629.jpg

さすがにもう、流氷と港内結氷の区別はつくようになりました(笑)





b0133447_16432635.jpg

凍てつく滝が見たくてオシンコシンンの滝に立ち寄りましたが、
もう溶けて、勢いよく流れがほとばしっていました。




b0133447_1648731.jpg

知床自然センターからはスノーシュー(西洋カンジキですね)で散策。
もう、この風景の気持ちよさ、私の写真なんかじゃ伝わりません(と、弁解させて下さい<笑)




b0133447_1647185.jpg

断崖に立って。フレペの滝ももう凍っていません。冬なのだけれど、なんだか春の予感さえします。






b0133447_179869.jpg

はるか沖合いの流氷を背に。この頃にはだいぶ日が傾いて来ました。
どこかで流氷が夕日に染まるのを見られるかな・・・そんな期待を胸に、また海沿いへと移動します。






撮影:2月20日  斜里郡 斜里町
PENTAX K-7 + PENTAX DA 17-70/4

   
[PR]

by ayaya55a | 2010-02-26 21:30 | 道東 | Comments(10)
Commented by おじ at 2010-02-26 21:59 x
来月行こうと思っていますが、、、、
流氷は戻ってこない感じですね。

流氷ウオーク、去年道路から眺めていましたが、楽しそうでした。
Commented by mink330 at 2010-02-26 22:22
雄大な自然の中に身を置いているあややさん、
とても充実した幸せな時間でしたね~

知床の広い大地にスノーシューのあとを残してきたなんて
素敵ではないですかぁ~
Commented by 気まま at 2010-02-26 22:56 x
3年前の2月に流氷を見に行きました
私が行った日はラッキーなことに接岸して見られました
前日も翌日も遠くに行ってしまったのですよ


私はその地に行くまで流氷は一度接岸したら春まではずっと毎日見られると思っていたんです

知床のスノーシュートレッキングは同じコースを歩きました
懐かしいです

網走のお寿司が美味しくて忘れられません(笑)
Commented by SABURI at 2010-02-26 23:41 x
美しいですね。
流氷、見たこと無いんです。
ガリンコ号ツアーなるものが、むかーし
会社でありましたが・・・
何だかそのときは興味が無かった。
いま思えば、行っとけば良かったと思います。
Commented by cox-orange at 2010-02-27 21:59
前回の濃紺の海の色もいいですけど、今回のラストの淡い色もいいですね~。なんとなく「春の海」みたい。(絶対そんな風流な気温でなかったと思われますが。。。)
水も空も雪もそれ自体は「色が無い」のに、いろんな違う表情をここで見せてもらえるのは嬉しい限りです。

あ、前回の記事で申し訳ないんですが、「アイスブルー」の一枚目の真中にペンギンがいると一瞬思ったのは私だけでしょうか?(笑)
Commented by あやや at 2010-02-28 21:40 x
>おじさん
来月行かれるんですか。
このところの海氷情報だとちょっと難しいかもですね。
でも、風向きしだいでどうなるかわからないのが流氷ですから、
ごらんになれるといいですね!
流氷ウォーク、こんなに人気があるとは知りませんでした。
せっかく防水の写ルンですまで買ったのに・・・(笑)
Commented by あやや at 2010-02-28 21:50 x
>minkさん
知床は夏行ってとても素晴らしかったんですが、冬の方がさらにいいと思いましたね。
自然のパワーがいっそう強まっている感じで。

スノーシュー、買ったままで放置していたのを、minkさんに刺激されて、
開拓の村ではいて練習した甲斐がありました(笑)
Commented by あやや at 2010-02-28 22:00 x
>気ままさん
流氷って、ほんとうに朝あったものが午後に遠ざかっていたりで、
タイミングしだいなんですよね。
何年も通ってやっと見られる方も多いらしく、気ままさんほんとうによかってですね。
私も結局滞在した3日間、様々な流氷が見られてラッキーでした。

知床でのスノーシュートレッキング、気分のよさは格別ですよね。
ここはスノーシューのレンタルがあるのを知らなくて、
わざわざ札幌から担いでいったオマヌケな私です(笑)
Commented by あやや at 2010-02-28 22:07 x
>SUBURIさん
私も昔は興味なかった・・・というより、極寒の地へわざわざ行く人の気が知れなかったんですが、
今では極寒だからこそ見られるもの、感じられることにひかれるようになって。
流氷の中に一人でいると、ものすごく野生的なパワーがわいてきますよ。
SUBURIさんもいつかぜひ。
Commented by あやや at 2010-02-28 22:39 x
>cox-orangeさん
今回の旅では、流氷も含めて、海のさまざまな表情を楽しむことが出来ました。
日によって、時間によってほんとうに変わるんですよ。
「春の海」・・・じっさい私もそう感じたんです。
気温はまだまだ冬なのに、海の光はもう春を予感させるものだったんです。

>「アイスブルー」の一枚目の真中にペンギンがいると一瞬思ったのは私だけでしょうか?(笑)
そうなんです、そこのところをぜひつっこんで頂きたかったんですよ、嬉しいな~(笑)
朽ち木の形と雪の付き方が絶妙かと(笑)



名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 第24回 フィルム一本勝負 i...      アイスブルーの岸辺から >>