2010年 02月 22日

とにもかくにもオホーツク海へ   


いつか海を埋め尽くす流氷をこの目で見てみたい・・・
ずっと胸に沈んでいたその思いが、今年の流氷接岸のニュースに接して以来、日ごとに膨らんでいく・・・
その「いつか」をいつにするのか、それを決めるのは結局自分自身。
流氷の接岸状況と自分の都合を考え合わせると、ああ、もうここで行かないでいつ行くんだ私!

といようなことで、思い切って先週末に行って来ました、流氷を追い求める旅へ。
まずは鉄子通信風にサクサクといきますね。


#1
b0133447_19383546.jpg

札幌からオホーツク海へは遠いとはいえ陸続き。
冬の峠越え運転に自信のない私は、秋に釧路湿原へ行った時と同じようにJR+レンタカーを選択しました。
乗ったのは7時55分札幌発「流氷特急オホーツクの風」。
電光文字が滲んでいるのは水滴がいっぱいついていたから。ピントが合ってないからじゃありません、今回は(笑)


#2
b0133447_1939293.jpg

乗ってから初めて知ったのですが、この特急はこんなふうに運転席と客席が一体化されているのですね。
普通は運転中の運転士さんの後ろから撮影なんてしないけれど、
この特急では話しかけさえしなければ自由に撮っていいとのこと。
一号車の最前列の方々はずっと熱心に動画を撮るなどしてらして、なかなかマニアックな空気が漂っていました。


#3
b0133447_19392553.jpg

展望車はゆったりしたコーヒーラウンジ。ほんとうに居心地が良くて、私はここで一時間くらいのんびり過ごしました。
特急とはいえ、網走まで5時間20分はけっこう長いです。



#4
b0133447_19513623.jpg

終点の網走駅で乗り換え。
パンッパンに膨らんだキャリーバッグとカメラバッグを持った私は思わず階段を見上げてしまいましたが、
この駅はなぜか案内表示が丁寧なんですよね。



#5
b0133447_19515684.jpg

網走から知床斜里へは、13時58分発「流氷ノロッコ号」に乗ります。
私は地元の人が普通に乗降するローカル線に乗るつもりだったのですが、
接続がちょうど良かったこともあって、この際一度乗ってみることに。



#6
b0133447_19522680.jpg

展望のきく大きな窓。企画列車らしい楽しい観光気分が漂います。




#7
b0133447_19525896.jpg




#8
b0133447_19532168.jpg




#9
b0133447_19534796.jpg

網走を離れ、列車は小清水の海岸沿いに。
ここで流氷が目前に広がり、車内に歓声が上がる・・・はずが・・・



#10
b0133447_1954617.jpg

・・・ナイ・・・・(笑)
流氷は影も形もありません。
この日の朝までびっしりだった流氷は、強い南風に吹かれてはるか沖合いに流れてしまったのだそう。


#11
b0133447_19542619.jpg

終点の知床斜里ももう間もなく。
私の好きな止別~知床斜里間のどこまでもまっすぐに続く線路を、これだけは先頭車両の窓から撮ります。
遠くの海岸沿いにほんのわずかだけ、流氷が残っているのは見えるのですが。
流氷を追い求める旅、どうなりますことやら・・・









撮影:2月19日        
PENTAX K-7 + PENTAX DA 17-70/4
[PR]

by ayaya55a | 2010-02-22 19:39 | 鉄子ではないけれど | Comments(24)
Commented by ariari at 2010-02-22 22:21
お疲れさまでしたー。いい旅立ったんでしょう。流氷なくてもいいじゃないですか。
網走までの道のりも楽しい列車で。
(時間がかかるのは、ベースが古い気動車だから仕方ないですね)
ノロッコ号も網走から向かう場合、機関車がお尻なので前方の見晴らしがよくて何より。

Commented by thejetmole at 2010-02-22 23:26
しまった!
知床斜里への列車、先頭はそんな展望だったのですね・・・
ストーブでししゃも炙って、カップ酒のんでる場合じゃなかった・・
でも、、美味しかった
ウトロへ?
♪ ♪ だった事と思います
Commented by いちぼく at 2010-02-22 23:35 x
こんばんわー^^
札幌から網走まで、特急で5時間ですか!
思わずめまいがしそうですね^^;
でも、のんびりできそうなラウンジですね
わたしなら、酒とつまみで居酒屋状態かな(笑)
はたして、このあと流氷はいかに?
期待が膨らみます♪
Commented by i_nosato02 at 2010-02-23 06:23
お帰りなさい。
いい旅ができたようですね。写真楽しみにしています。
Commented by bbshoot at 2010-02-23 06:27
おはようございます。
私はなかなか網走方面へは行けないので、見ていると楽しくなります。
流氷って簡単に風で流されてしまうんですね。残念。
エゾシカのぬいぐるみも可愛いですね。
Commented by cornet-1209 at 2010-02-23 09:01
私も流氷を観に2回ほど行ったことがありますが、
2回とも流氷が見当たらず、がっかりしたことが・・・
ノロッコ号にも乗ってみたいです!
Commented by doronko-tonchan at 2010-02-23 09:03
私も鉄道の旅がしたくなりました。
時間と経済の余裕があればですが・・・
前が見える運転席も展望車もどちらでもいいです。
Commented by momophoto at 2010-02-23 13:01
お帰りなさ~い・。
荷物を抱えて階段を見上げる心境、よく分かります。
帰省する時には、キャリーバック、体重5kgのモモをペットバックにいれ肩から下げて、
カメラバックを斜め掛け。かなり怪しいおばさんです(笑)
懐かしいストーブ、見てて暖まりました^^
Commented by Blog_Maya at 2010-02-23 15:05
あややさん
お帰りなさいませ♪
ゴム長にスノーシューをキャリーケースに押し込んで・・・なんて凄いじゃないですか!!
全然「ふつうのコトでない!!」(笑)
でも電車の5時間超って辛いですよね。 以前親が北見に赴任していたことがあるので分かります。  
ガリンコ号、三回予約して一度も流氷見られませんでした。(笑)
こればかりは運ですよね。 
でもあややさんが楽しく無事帰って来られたことが一番です!!
Commented by mink330 at 2010-02-23 18:23
わ~すごい!
どの写真も綺麗で、そして乗ったことがなくてもよく分かります。
私も釧路まで行ってきたばかりなのに、また行きたくなりました。
流氷がなかったのは残念ですが、それだけでは行かないあややさん、
次の写真を楽しみにしていますよ~
Commented by cocoon at 2010-02-23 21:44 x
「流氷特急オホーツクの風号」…もうワクワク感が伝わります。
それに運転席が一体に…私ももう、ご一緒して居る気分です^^
網走まで石北線周りでこんな素晴らしい特急があるんですね。
ラウンジもあるし、道東への期待がどんどん膨らみます。
私は、釧路までラピートと釧網線を乗り継ぎました。

銀世界の中を突っ走ってみたくなりました。
流氷がなくても、旅をする事自体意義がありますよ。
厳寒の中の一人旅、心が自立している証拠ですね。
これからもワクワク旅、楽しませて下さいね。
Commented by あやや at 2010-02-23 21:58 x
>ariariさん
おかげさまでいい旅でした~
本当は旭川から各駅の石北本線で行こうかなと思ったのですが、
さすがに時間がかかりすぎるので止めました。
こんなんじゃまだ鉄子を名乗る資格はないですね(笑)



Commented by あやや at 2010-02-23 22:17 x
>thejetmoleさん
thejetmoleさんもノロッコ号乗られたんですね!
スルメじゃなくししゃもっていうのが通っぽいです(笑)
このラストの眺め、いいでしょ? 大好きなんですよね。
お察しのようにこの後はウトロへ向かいましたが、
見えたのが流氷なんだか結氷なんだかわからなくて、感動しそこねました(笑)

Commented by あやや at 2010-02-23 22:25 x
>いちぼくさん
こんばんは~
本州で列車に5時間なんていうと、確かに頭がクラクラしますよね(笑)
でもこのラウンジは良かったですよ、180度の展望だし。
・・・って考えたら、それ、車窓なら普通でしたね(笑)
この後、流氷はオトボケもあり、感動もありです、お楽しみに。

Commented by あやや at 2010-02-23 22:31 x
>ainosatoさん
ご心配いただいてありがとうございました、無事帰りました。
私ってば、どうやら流氷を結氷と思って感動しそこねたみたいです。
これも前回の氷トラウマのせい・・・(笑)
写真は期待しないで下さい、ほんとうの感動は写真ではあらわせないということで(笑)
Commented by あやや at 2010-02-23 22:44 x
>bbshootさん
こんばんは~
bbshootさんはお仕事で道内のあちこちに行かれている印象でしたが、
網走方面はそうではなかったんですね、楽しんでいただけて何よりです。
流氷って、風向き次第で半日で消えたり現れたりするそうです。
そんなスリリングなところも流氷ウォッチングの魅力のひとつかも。
ノロッコ号には、北海道の動物の縫いぐるみがいろいろ飾ってありました。
bbshootさんなら、迷わずエゾフクロウの縫いぐるみを撮られるんでしょうね。
Commented by あやや at 2010-02-23 23:01 x
>cornetさん

>2回とも流氷が見当たらず、がっかりしたことが・・・
そうだったんですね~、残念でしたね。
ノロッコ号の車内アナウンスの方が、小清水が近づく頃、
「流氷を一度で見られる方は一割くらい、たいていの方は2年3年と通われます」
などとアナウンスを始めたので、ああ、今日はダメなんだなとわかりました(笑)
Commented by Rufard at 2010-02-23 23:37 x
おかえりなさいー。
無事に戻られたのが何よりですが、充実した旅だったことが伺えます。
鉄分たっぷり。これから公開される写真に期待します。
Commented by あやや at 2010-02-24 00:06 x
>doronko-tonchanさん
鉄道の旅はいいですよね。目的地につくまでの旅情が楽しめますもの。
今回私はけっこう遠くへ行きましたが、近場でも旅の気分は楽しめるのではと思います。
前が見える車輌、鉄道好きの方にはたまらないでしょうね。
この列車は遠軽で逆向きになるんですが、
1両目1、2列の方達はど~っと最後尾に移動して行かれました。
Commented by あやや at 2010-02-24 00:25 x
>momohotoさん
キャリーバッグとカメラバッグだけでもひ弱?な私たちには大変なのに
それに加えてモモちゃんだなんて・・・お疲れ様でした。
でもゴム長やスノーシューを持ち歩くのも難儀なことでしたけれどね(笑)
このストーブ、乗客が好きなものを焼き網に乗せて焼いてるんですよね。
今度乗るときには、私もシシャモ持参でいこうと思っています。
Commented by あやや at 2010-02-24 00:53 x
>Mayaさん
無事帰って来ました~

>全然「ふつうのコトでない!!」
あ、ブログタイトルそろそろ変えたらというのは、イッポンズのお仲間によく言われます(笑)

>電車の5時間超って辛いですよね
私は普段車移動ばかりなので、たまに列車に乗るとすごく新鮮なんですが、
さすがにこの日は少し疲れましたね。

>ガリンコ号、三回予約して一度も流氷見られませんでした
え~、ガリンコ号で3回ダメだったんですか、ほんとにタイミングなんですね。
まぁ流氷はともかくとして、冬の自然からパワーを貰った感じで、
帰ってからとっても元気になりました。
Commented by あやや at 2010-02-24 01:01 x
>minkさん
minkさんこそお帰りなさい。
半端じゃなく鉄分補給された釧路旅行だったみたいですね(笑)
真冬の道東って、ほんとうにいろいろな魅力にあふれていますよね。
何度行ってもまた行きたくなる気持ちがわかります。
私は今回は流氷が見たい思いで視野狭窄になっていたので(笑)
写真はあまり期待しないで下さいね~


Commented by あやや at 2010-02-24 01:12 x
>cocoonさん
ほんとうは旭川から石北線に乗りたかったんですが、
それでは網走に着くのが夜になってしまうのであきらめました。
でも特急で通り過ぎるだけでも、いいなぁと思える駅舎や風景があって楽しめました。

一人旅と言えば、今回斜里のホテルの露天風呂でご一緒した
同年代の女性は凄かったです!
大宮から北斗星で札幌へ、オホーツクの風で網走へ、ノロッコ号で斜里へ行って一泊。
翌日は釧網線とSL湿原号で釧路へ。釧路から函館へ行って一泊。あとは特急と新幹線で帰宅・・・
ね、クラクラしてきません?(笑)
Commented by あやや at 2010-02-24 01:21 x
>Rufardさん
無事気帰って来ました~
今回は流氷が見たい!という気持ちだけで行き当たりばったりで行動したので、
そんなにあれこれ撮ってなくて、鉄はこれくらいしかもうないです。
でも行ってよかったです、じゅうぶん冬を堪能したおかげで心おきなく春が迎えられそうです(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< オホーツクの岸辺で      真冬の道東  8   漁港にて >>