2009年 12月 04日

道東を駆け巡る旅  その9   オホーツク海へ!

#1
b0133447_179938.jpg

釧路を発って2時間半、山間を抜け知床斜里を過ぎると、突然オホーツク海が目に飛び込んで来ました。
真冬は流氷が接岸するというこの海岸に沿って、どこまでもどこまでもただ一直線に伸びる線路。
今回釧網線に乗って、私が一番感動したのはこの光景でした。


#2
b0133447_1793296.jpg

藻琴駅で。景色が冬に近づきます。


#3
b0133447_1795928.jpg

終点の網走駅。列車を降りると冬でした。


#4
b0133447_17102236.jpg

網走でレンタカーを借り、今来た道を今度は違う目線で楽しみながら走ります。
とは言え、海沿いの道はツルツルに凍っていて運転は怖かった・・・




#5
b0133447_17105335.jpg

列車がオホーツク海の一番近くを走るという北浜付近で。身を切る風の冷たいこと!



#6
b0133447_20173187.jpg

明るい朱赤になんだかホッとした北浜駅。もちろん現役のポストです。



#7
b0133447_1712570.jpg

ここだけ季節に取り残されたかのように、花が咲き残る駅舎。



#8
b0133447_2140052.jpg

海を背に開いた踏み切り、雲間からは冬晴れの空が。
(気に入ったカットなのですが、後で見たら、あらら、ある本にほとんど同じアングルの写真が・・・
アップしようか迷ったのですが、それとは季節感もコンセプトも違うから、これはこれでいいかなと。)


#9
b0133447_17373755.jpg

北の海と空を思い切り呼吸して、季節に心を添わせる旅。
鉄分もほどよく補給しながら(笑)あと少し続きます。






撮影:11月20日
PENTAX K10D + PENTAX DA 18-55/3.5-5.6
              PENTAX FA 43/1.9Limited
              TAMRON AF 70-300/4-5.6
[PR]

by ayaya55a | 2009-12-04 21:56 | 鉄子ではないけれど | Comments(13)
Commented by ariari at 2009-12-04 23:43
>>鉄分もほどよく...

いやいや、もう貧血知らずのアイアンウーマンになってしまいましたね。
一枚目もいいけど、やはり北浜駅最高です!5枚目やラストカットなんかかなーりヤバいです。
立派な鉄子になって、ますます期待されると思います。
Commented by mink330 at 2009-12-05 18:01
ああ、どの写真もいいですね。
オホーツクの海は寒そうです。
藻琴湖の牡蛎最近頂いて食べましたが最高でしたよ。

8番の写真見覚えあります(笑)目の付け所が同じですよね。
Commented by Rufard at 2009-12-05 22:36 x
8枚目が良いですねー。
踏切・空・海・以上!この潔さが。
Commented by ベチ at 2009-12-05 23:15 x
永遠に続きそうな真っ直ぐな鉄路・・、いいですね。
後ろ振り返ってみましたか?、知床連山見えたのかな。
この先、ウエンベツ川を越えた辺りが撮り鉄のポイントで冬はカンジキを履いて行くんですよ。斜里駅を出発した気動車の前照灯が見えてからたっぷり5分は掛かるので色んなアングルでの撮影が楽しめる場所です。一度どうですか?、・・実行しちゃったら鉄子なんてやわな言葉じゃ済まされませんね、バリ鉄子さんです(笑)。
あややさんがいらした翌日、ここでツアー列車を撮ってたんですよ。その日は雪混じりの強風で鼻水垂らしながら待ってました。ほっ、良かった、同じ日だったら恥ずかしい格好をバッチリ見られるところだった(笑)。
それとね、鉄道写真って限られた範囲(鉄路や施設が見える)で撮るので他の人と同じ場所というのは結構有ります、でもその写真は一枚しか有りません、あややさんだけの写真です。
駅の庇とポストの庇、色彩の差が楽しいですよ。

Commented by cocoon at 2009-12-06 23:26 x
釧路から網走へ、そして又、レンタカーでの旅…羨ましいです。
晩秋から初冬へ、その移り変わる景色も又、劇的ですね。
北浜駅…懐かしいです。
駅の佇まいも、駅の中のレストランでラーメン食べた事も。
スケッチしたり、ホームで写真とったり…。
あややさんの画像はさすがです。(続く)
Commented by cocoon at 2009-12-06 23:32 x
(続き)あの踏切見つけ出したんですね。凄い!
私も何時か行ってみたいと思っています。
素敵な旅が続きますね。一緒にワクワク感…サンキューです。
Commented by あやや at 2009-12-07 00:28 x
>ariariさん

>もう貧血知らずのアイアンウーマンになってしまいましたね
もともと貧血とは縁の無い頑丈な私ですが、
アイアンウーマンなんてなんだか怖い・・・もう少し可愛い呼び方して下さい(笑)
私はただ鉄道風景を楽しんでいるだけで、マイルドな写真ばかり、
ピントも水平もマイルド(笑)
びしっとした写真はariariさんはじめ鉄の皆さんにおまかせしますね。
Commented by あやや at 2009-12-07 00:37 x
>minkさん
藻琴湖の蛎なんてあるんですか、知りませんでした。
海と淡水が合わさるあたりの蛎って美味しそうですね。
#8の踏み切り、空の雲の切れ目が
ちょうど開いた踏み切りのところだったのが気に入って撮りました。
有名な踏み切りだったんですね。
Commented by あやや at 2009-12-07 00:46 x
>Rudardさん
この踏み切り、画角やアングルを変えて何枚か撮ったんですが、
結局ストレートに撮ったものが一番良くて。
海だけを背景に、空に向かって開く踏切って感じが何とも良かったです。
Commented by あやや at 2009-12-07 01:07 x
>ベチさん
はい、知床連山見ました、残念ながら雲がかかっていましたが。

>この先、ウエンベツ川を越えた辺りが撮り鉄のポイントで
そのポイントかどうかわかりませんが、実は後で止別~知床斜里間に行ってみたんです。
(時間がなく列車は後ろからのものしか撮れなかったんですが・・・後日アップしますね)
あそこ、冬はカンジキですか・・・気が遠くなりそう。
雪のない季節でも、ひとりで林道歩いていたら、ほんとうに人っ子一人いなくて、
何かあったらどうしようと心細くなっちゃって・・・
でも、あのダイナミックな景観はちょっとハマりますね、また行きたいと思いますもの。
冬に行くかどうかは・・・・保留です・・・(笑)

>あややさんがいらした翌日、ここでツアー列車を撮ってたんですよ
え~~~っ、そうだったんですか!
ベチさんの鉄分って半端じゃないんですね、ぜひ写真見せて下さい~
Commented by あやや at 2009-12-07 01:26 x
>cocoonさん
北浜駅ですが、2年前に中国映画のロケがあったとかで、
ド派手な中国語の説明看板が立てられていて、
それを入れずに撮るとアングルが限られてしまうんですよね。

釧網線は、無人駅の駅舎の半分を喫茶店やラーメン店にした駅が6つもあるんですね。
木の格子窓から、ホームや海を見やりながらコーヒー飲んだりラーメン食べたりなんて
まさにローカル線の旅ならではですよね。

あの踏み切り、オホーツクを背にスコーンを開いているところがとても印象的でした。
北浜駅のすぐ近くにあったんですが、有名な踏み切りだったんですね。
Commented by ポンママ at 2009-12-07 21:13 x
すごい行動力ですね
ずっと釧路の写真見させていただきました
JRとレンタカーですか
一人でこのような写真の旅はしたことがないのですごい!って
思ってしまいます  まずJRに長いこと乗ったことがない

どこも素敵ですね
タンチョウツルは一度見に行ってその魅力に参りました
釧路湿原はあこがれです  道東は本当にいいですよね
冬にいってみたくなります  怖いですがね、車は・・・
Commented by あやや at 2009-12-07 23:12 x
>ポンママさん
私もふだんは、撮影のために何処かへ出かけるといっても、
せいぜい車で片道1~2時間くらいのところです。
今回のように一人で泊りがけなんていうのは特別なんですよ。
撮影というと荷物が増えるので、車移動の方が便利なのですが、
今回は乗ってみたいローカル線があったので、JR+レンタカーにしました。

釧路湿原は冬に行くと感動しますよ~、私は真冬にまた行く予定です。
ただし冬の運転は自信がないので、お仲間と乗り合わせで・・・
というか尻馬に乗せてもらってですが。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 第23回 フィルム一本勝負in小樽      見て来ました!   さっぽろフ... >>