2009年 12月 02日

道東を駆け巡る旅  その8  釧網本線に乗って

#1
b0133447_1692276.jpg

道東滞在最終日、釧路から網走までを走る釧網本線に乗りました。
太平洋沿岸の釧路を発って、湿原を抜け、山間部を通り、やがてオホーツク海沿岸の網走に至るこのローカル線。
実は今回の道東旅行で、湿原を感じることと並んで楽しみにしていたことが、この釧網本線に乗ることだったのです。
まだ明けやらぬ釧路駅のホームで。




#2
b0133447_1694478.jpg

5時59分発の始発に乗り込みます。私にはもうそれだけでスペシャル感が。
各駅停車3時間の旅の始まりです。


#3
b0133447_1610426.jpg

車内は、予想外に通学の高校生がパラパラと乗っていました。
ずいぶん早い列車に乗るんだなと思いましたが、この後はもう9時5分まで列車がないのです。そりゃ眠いよね。


#4
b0133447_16443477.jpg

ほんとうに湿原の真っ只中を走るこの列車。
明け染めていく空と湿原を、車で通り過ぎるのとはまた違う目線で見られることの嬉しさ・・・
窓に蛍光灯が映りこんでいるのは臨場感ということでお許しを(笑)

#5
b0133447_16103110.jpg

突然警笛が鳴って列車が急停車・・・鹿が線路上にあらわれたらしいのです。
ほんとうにこういうことってあるんだ!と私には新鮮な驚きでしたが、他の乗客の方々はもう慣れっこみたいで平然と。
ほの暗い中、動き始めた揺れる列車から、走り去る鹿を撮ったので、まるでイメージ画像みたいですが・・・(笑)
立派な角のある雄鹿でした。


#6
b0133447_16111344.jpg

車窓からは贅沢な光景が広がり続けます。


#7
b0133447_16122390.jpg

一時間ほどで到着した標茶駅のホームでしばし停車。
こんな日常的な駅の光景さえ、旅する私には何か胸に残るものがあります。

#8
b0133447_16594823.jpg

ゴトゴト列車の揺れる音と朝の斜光、ただそれだけのおだやかな車内。


#9
b0133447_17172336.jpg

やがて山間部に入ると、車窓からも冷気が感じられるようになりました。
ローカル線に揺られる旅、もう少しお付き合い下さいね。







撮影:11月20日
PENTAX K10D + PENTAX FA 50/1.4、PENTAX DA 18-55/3.5-5.6


       
                                    
[PR]

by ayaya55a | 2009-12-02 20:37 | 鉄子ではないけれど | Comments(11)
Commented by ariari at 2009-12-02 22:12
一枚目、ラストに「じ〜ん」です。
Commented by i_nosato02 at 2009-12-03 06:17
一枚目、二枚目の空の色が好きです。
Commented by mink330 at 2009-12-03 18:25
ず~っと写真を見ていると、なんだか自分が旅をしているような
そんな気分を味わえました。
こういう何気ない写真、いいですね~

私も乗りたい、釧網線!いつかきっと・・・
Commented by あやや at 2009-12-03 19:18 x
>ariariさん

>一枚目、ラストに「じ〜ん」です。
ありがとうございます。乗るとどうしても単純な切り取りしか出来ませんでしたが。

Commented by あやや at 2009-12-03 19:20 x
>ainosatoさん

>一枚目、二枚目の空の色が好きです。
ありがとうございます。
普段こんな時間にはまだ起きても居ない私ですが、早起きはやっぱり三文の得ですね。
Commented by あやや at 2009-12-03 19:23 x
>minkさん
乗ってしまうと、撮るのはこんな車窓やホームからの写真ばかりで・・・
単純な切り取りばかりでお恥ずかしいのですが。
でもローカル線特有の味わいがあって、乗っているだけで楽しかったです。
minkさんもいつかぜひ! 


Commented by cocoon at 2009-12-03 21:31 x
待ってました、釧網線の乗り鉄(その割には遅い登場^^ゞ)
あややさんとご一緒している気分で拝見しています。
釧路駅…旅立ちの高揚感が伝わります。
そして、湿原の夜明け、びっくりした鹿さん、靄はう線路…。
どれも旅情をそそられ、その場の臨場感が伝わります。
(続く)
Commented by cocoon at 2009-12-03 21:43 x
(続き)私も先日故郷山梨に帰ってきましたが、
身延線というローカル線で静岡から入りました。
曇り空が急に晴れて富士山が裾野からくっきり…。
揺れる車内を右往左往しながらパチり、パチり!
「揺れる車内で撮るんだからブレてもいいのです」
という真島満秀の言葉に甘えながら^^ゞ
Commented by cornet-1209 at 2009-12-04 12:32
空の色が何とも言えません。
空気の冷たさがこちらにも伝わってきます。
なかなか列車に乗る機会がないのですが・・・
いいものですね・・・。
Commented by あやや at 2009-12-04 23:07 x
>cocoonさん
帰省されるにもわざわざローカル線を組み込まれるあたり、さすがですね。
私は身延線は乗ったことがありませんが、富士山が裾野から見られるなんて、
ほんとうに贅沢な車窓風景ですね~。
機会があれば乗ってみたいです。

>揺れる車内を右往左往しながらパチり、パチり!
あーそれすごくよくわかります、今回私もまさにそうでした。
ブレてもいいと真島氏がおっしゃたんですか、
それを聴いて安心しました(笑)
Commented by あやや at 2009-12-04 23:14 x
>cornetさん
普段夜明け前に起きるなんてことのない私ですが、
旅先では日のある時間を有効に使いたいので、こんな時間から行動しました。
みるみる変化していく空はの色は夜明けならではですね。
のんびり列車に揺られのもたまにはいいですよ。
でも、一人の時限定。家族と一緒だと車や飛行機が多くなりますよね。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 見て来ました!   さっぽろフ...      道東を駆け巡る旅  その7  ... >>