2009年 11月 30日

道東を駆け巡る旅  その6   湿原で思う

b0133447_1649292.jpg

鶴居村を走っていたときの光景です。こんな普通の農地にも丹頂の姿がありました。
今回はこのように丹頂の自然な姿を見たかったので、給餌場や保護センターへ行くことはあえてしませんでした。
丹頂がカラスを蹴散らかす向こうには牛が横たわって。のどかです。


次にある目的地まで行こうと、舗装のしていない山道をけっこう運転して行ったのですが、
途中から、これ以上進むのは戦車でなきゃ無理でしょ・・・というほどのぬかるみ道に。
さすがにあきらめて別の場所に行こうとしたら、そこも似たような状況で。うむむ・・・
誤算というか、要はリサーチ不足なのですが。


b0133447_2015730.jpg

ああ、どうしようかな~と走っているうちに、いつの間にか光の色が変わり、風の感触も変わってきました。
そんな変化を感じ取れることさえ嬉しくて、しばらく湿原の中に立って全身でそれを味わっていた私。



b0133447_1649539.jpg

とは言うものの、時刻表を見たらたまたま近くを釧網線が通る時間だったので、こんな一枚も撮りはしましたが(笑)



b0133447_17352774.jpg

結局、前日と同じ細岡展望台で夕刻を向かえました。
シーズンオフのこの時期は、何処へ行っても湿原ひとり占め状態。


b0133447_19391364.jpg


b0133447_17355767.jpg

でも、私には退屈な季節なんてひとつも無い!
あるがままの自分を受け入れてくれる湿原の中で、心からそう思ったのでした。





撮影:11月19日     1枚目 鶴居村、 2~6枚目 標茶町
PENTAX K10D +  PENTAX FA 43/1.9Limited
               TAMRON AF 70-300/4-5.6
               PENTAX FA 50/1.4
[PR]

by ayaya55a | 2009-11-30 21:15 | 自然 | Comments(10)
Commented by mink330 at 2009-12-01 07:19
あややさん、おはようございます。
今時写真を撮ろうとして出かけても「なにもな~い」とおもい
がちですが、さすがしっかり被写体を見つけて、素敵な写真に
仕上げてますね。

それって感性の問題で、どこにでも自分の好きな風景?
(心の情景?)を見つけられる物ですね。

だから写真は面白いのだと思います。
Commented by momophoto at 2009-12-01 07:40
おはようございます。
農地には、まだ比較的緑が多くて、意外でした。
「退屈な季節なんてひとつも無い」って素敵なことですね^^
幸せが沢山あります!って言う感じです。見習いたい事柄の一つです。
Commented by Blog_Maya at 2009-12-01 08:31
>いつの間にか光の色が変わり、風の感触も変わってきました・・・
お目にかかる前から巨匠のブログへのコメントで伺うことが出来たあややさんの感性が文章にも写真にも表れています。  うっとりと楽しませていただきました♪ 





Commented by Amy at 2009-12-01 21:30 x
貴重な一人の時間を本当に心ゆくまで楽しんでいる様子が
写真からもわかります。
一人時間って本当に贅沢な時間ですものね~
羨ましく思いながら、私と一致する気持ちが多いのも嬉しかったり
して写真を楽しませてもらっています。
Commented by あやや at 2009-12-01 23:08 x
>minkさん
こんばんは~。
今の季節、北海道は秋はもう終わったし、まだ冬らしいというほどでもなしで、
ほんとうに中途半端ですよね。
でも、外に出てみれば何かしら小さな気づきはあるものなんですね。
その気づきって、自分自身でも意外なことであったりすることが多くて。
写真を撮るっていろいろな発見があって面白いです。





Commented by あやや at 2009-12-02 00:07 x
>momophotoさん
こんばんは~
この時期、湿原は枯葉色でしたが、農地はこんな感じでまだ緑でした。
自然界にまだ餌があるので、給餌場以外でも丹頂が見られたんですね。

>幸せが沢山あります!って言う感じです
ほんとうにそう。
幸せっていろんなところに宿っていると思うんですよね。
考え方ひとつで、いくらでも毎日が楽しくなりますもの。日日是好日です。
Commented by あやや at 2009-12-02 00:28 x
>Mayaさん
私の場合、写真にまだ力がないものですから、つい文章で補ってしまって・・・
でもまぁそれも含めて私の感じたことをお伝えできればいいかなと。

>巨匠のブログへのコメントで伺うことが出来たあややさんの感性
あ~どうしよう、
私最近巨匠のところへはおちゃらけたコメントしか入れてない・・・(笑)



Commented by あやや at 2009-12-02 00:43 x
>Amyさん
家庭をもつとなかなか完全な一人の時間って持てませんよね。
今の私は家族とすごす満ち足りた時間もあれば、
こんなふうに一人旅をする時間も持てて、ほんとうにめぐまれていると思います。
今回の旅は、何の気負いもなく素直に自然と向き合うことが出来て、
ズッコケも含めて(笑)まるごと楽しめました。


Commented by final_impression at 2009-12-03 08:57
>私には退屈な季節なんてひとつも無い!
僕もですッ!
しかも,あ~やっぱり鉄をからめてるし...
鶴居村行きたいけど,さすがに日帰り(9時くらいに出て4時くらいに帰ってくる)のは無理だし...
素敵な夕刻をありがとうございます.
Commented by あやや at 2009-12-03 19:10 x
>final_impressionさん
>あ~やっぱり鉄をからめてるし...
釧網線、何しろ本数が少ないですからね、
少し待てば来るとなると、つい撮りたくなっちゃうんですよ~


鶴居村、さすがに日帰りはね・・・
以前お仲間の方が、夜札幌を発って、翌日夜明けから日暮れまでずっと撮って、
深夜に帰るという0泊3日をやっておられましたが。
でも、日帰りで次々と傑作をものされるこんさんのバイタリティこそ、すごいですよ!



名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 道東を駆け巡る旅  その7  ...      ゆく秋を惜しんで・・・    ... >>