ふつうのコト

ayaya55a.exblog.jp
ブログトップ
2009年 11月 27日

道東を駆け巡る旅  その5  湿原の風を感じて


b0133447_1810467.jpg

広大な湿原の中、ゆっくりと車を走らせます。
雪もまだ積もっていない晩秋の湿原は、さぞ荒涼としているのでは・・・
そんな予想を裏切って、ヨシが風にそよぐ光景は、とってもおおらかで柔らかで、
一緒になって風に吹かれるだけでいい気持ち。




b0133447_1942782.jpg

何があるという訳でもないのに、ただその中にいるだけで、何か心満たされる湿原の不思議さ。
その包容力の中で、純白の丹頂がゆったりと時を過ごしています。




b0133447_18582355.jpg

湿原の川べりから見上げる空は、私の大好きなもののひとつ。





b0133447_18113830.jpg

ここは何年か前の夏、うっそうと生い茂る緑の中をカヌーで通った場所なんです。
その時、生まれて間もない子鹿が川べりで水を飲んでいたのと目が合ったのですが、
たぶん子鹿も私も「!」というような顔をしてたんでしょうね、お互いしばらく見詰め合っていました(笑)
あの時の嬉しさが、私が道東の自然にひかれるようになったきっかけなんじゃないでしょうか。





b0133447_18121352.jpg

ああ、また会えたね!
今は白斑の夏毛から茶色の冬毛に変わる途中の鹿。
この湿原にいると、鹿も人間である自分も、ともに自然の一部なんだなと素直に思えてくるのです。






撮影:11月19日    標茶町 コッタロ湿原
PENTAX K10D +  PENTAX FA 43/1.9Limited
               TAMRON SP AF10-24/3.5-4.5
               TAMRON SP 90/2.8 MACRO Di

 
[PR]

by ayaya55a | 2009-11-27 15:17 | 自然 | Comments(10)
Commented by mink330 at 2009-11-27 18:39
すご~い。鹿とあえて、しかもびっくり。しかもこんなにかわいく撮れて・・・ハッハッハ^^ だじゃれが過ぎましたが、
ほんとにかわいいです。
警戒してないですよね。
Commented by hiros at 2009-11-27 20:32 x
こういう自然の中に身を置くことが最高の幸せ、何よりの贅沢。
自分がここに居て、風を感じて、光を浴びて、同じ空気を吸って、ただそれだけでいい。
何も無い、何も要らないってことがどんなにステキなことか。
一人でも多くの人に伝えられたらいいですね。
Commented by ariari at 2009-11-27 21:42
!(・人・)!
顔がびっくりしてる〜
全体的な色の淡さが晩秋の寂しさ、おだやかな一日を感じます。
Commented by Amy at 2009-11-27 22:21 x
道東の旅本当に素敵な旅をしているなあ~と感じています。
丹頂にも鹿にも会えて良かった事!
中でも三枚目が好きです。
hirosさんのコメントにもジーンとしました。
Commented by 本部長 at 2009-11-28 07:25 x
時が止まったような情感、伝わってきます。
冬の厳しさとは違いますが、やはり自然の雄大さや畏敬の念といった趣きを感じます。
タンチョウがひっそりと佇む描写、鹿のおどけたような表情、いいなぁ~
Commented by あやや at 2009-11-28 21:41 x
>minkさん
いえいえ、そのくらいのダジャレでは私はもう・・・
何しろ写真のお仲間にいつも強烈に鍛えられていますので(笑)

道東では鹿は何度も見かけましたが、基本的にあまり人間を警戒しないですね。
こちらがバタバタ動かなければ、こんなふうにカメラ目線をくれたりもします。
Commented by あやや at 2009-11-28 21:59 x
>hirosさん
私の感じたことそのままを言葉に換えて下さったようなコメント、感激です~
北海道で暮らすようになって、初めてそういう自然の素晴らしさを実感した私、
これからも自分の感じた自然の持つ力を少しでも表現していけたらと思います。
あ、時にはグルメレポートもはさみながら(笑)
Commented by あやや at 2009-11-28 22:09 x
>ariariさん
このコ、カメラを構えている私を不思議そうにじっと見ていました。
もしかしたら人間を初めて見たのかな・・・

>全体的な色の淡さ
ほぼ見た時の色の感じです。晩秋のやわらかな斜光が気持ちまでも穏やかにしてくれました。


Commented by あやや at 2009-11-28 22:27 x
>Amyさん
道東って、夏や秋には湿原ノロッコ号が、冬はSL湿原号が走っていたりして、
それなりに観光シーズンなんですが、この晩秋はほんとうのシーズンオフ、
何処へ行っても湿原独り占めでした。
ほんとうに稀有ないい時間をすごせたものと思います。
3枚目、ありがとうございます。私の大好きな光景なので嬉しいです。
hirosさんのコメント、ほんとうに自然を愛していらっしゃるということが伝わってきますよね。
Commented by あやや at 2009-11-28 22:59 x
>本部長さん
この時期の道東って宿泊施設までも休業するくらいシーズンオフで、
湿原巡りをしている間は何処にも誰もいなくて。
そんな中、ただ自然を感じることがすごく楽しかったんですよね。
丹頂や鹿までも、なんだかのんびりゆったりしていて、
写真にもそんな雰囲気が出ているかなと思います。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ゆく秋を惜しんで・・・    ...      道東を駆け巡る旅 その4   ... >>