ふつうのコト

ayaya55a.exblog.jp
ブログトップ
2009年 09月 04日

清冽な気を浴びて   樽前ガロー


b0133447_1247653.jpg

降り立ったとたん、「うわぁ、いい気持ち!」と思わず声に出してしまったこの場所・・・
ここは樽前山南麓の樽前ガローです。


b0133447_1355877.jpg

樽前山が1600年代に噴火したときの火砕流が、長い年月によって浸食されて出来た特異な地形。
高さ5メートルほどの苔むした崖の下を清流が渡ります。
ガローというのは東北の方言で「崖の間を川が流れる場所」という意味なのだそうです。



b0133447_12514160.jpg

角ばった岩は、崖が冷却して亀裂が入って崩落したものとか。
自然の荒々しさと、年月の融和を感じます。




b0133447_12523945.jpg




b0133447_12525741.jpg



b0133447_12532782.jpg

この日、この空間にいたのは私だけ。
清冽な自然の気のようなものに、まさにどっぷりと浸ることが出来ました。
水の流れが思ったよりも速く水量も多くて、長靴の中もあっという間に水がどっぷりでしたが(笑)




撮影:9月2日 苫小牧市 字樽前  樽前ガロー
PENTAX K10D + PENTAX FA 43/1.9Limited
              TAMRON SP AF10-24/3.5-4.5
              TAMRON SP 90/2.8 MACRO Di
[PR]

by ayaya55a | 2009-09-04 20:02 | 自然 | Comments(18)
Commented by ariari at 2009-09-04 20:38 x
2,4枚目が好みです。ここは一度攻めたいです。
ずいぶんレンズを交換したんですね。水の中に落とさなくてよかった!
Commented by cocoon at 2009-09-04 21:53 x
わぁ、冷たい空気が、しぶきが顔に感じられました。
流れの速そうな川で、長靴まで水に浸かって格闘している姿が目に浮かびます。
そして空間感をしっかり写していますね。
私は昔、冷たい羊蹄山の湧き水に足をとられ、カメラだめにしました(^^ゞ
沢山のレンズ交換しながらご苦労様でした。
Commented by final_impression at 2009-09-04 23:48
おっ!
行ったのですね!!
クマはいませんでした??爆.
足冷たくて,最初数秒しか入れませんでした.そのうちなれたんですけどね.
なんともいえない良い場所ですよね!!
Commented by mink330 at 2009-09-05 06:58
おはようございます。
苔の洞門の調査はいかがでしたか?
もう10年以上前に行きましたが、忘れてしまいました。

樽前がローいいですね。一度行きたいと思ってます。
あちこち精力的に撮り歩いていますね。
羨ましいなぁ~
Commented by i_nosato02 at 2009-09-05 08:07
三枚目、五枚目が好きです。
しっかりスローシャッターで流れを捉えていますねえ。
レンズの使い分け、うまいですね。ちゃんと効果的に交換されていて、すばらしいです。
Commented by いちぼく at 2009-09-05 09:46 x
おはようさんです^^
樽前ガローって、ユニークな名前で、画廊に行かれたのかなと思ってしましました(笑)
この光景はとても珍しいですね☆他では見ることがないでしょう
自然の中に自分ひとり、自然との対話のできる至福のときですね♪
Commented by Amy at 2009-09-05 15:23 x
わーなんと清々しい景色!木々の緑の色が新緑のような色ですね~
私は4枚目が好きです。
Commented by あやや at 2009-09-05 23:40 x
>ariariさん
ここはほんとうにいい場所でした、ariariさんもぜひ!
でもこれからの季節だったら、胴長は絶対必要ですね~

>水の中に落とさなくてよかった!
さすがの私もここでは慎重に行動しました(笑)
Commented by あやや at 2009-09-05 23:53 x
>cocoonさん
この場所はほんとうに気持ちのいい場所で、水に浸かるのもまったく苦にならず、
格闘というよりも、心底楽しく撮影出来たんですよ。
ただ、この流れの早さでは、転んだらこの水深でも溺れるなと思ったので、
絶対転ばないように気をつけました。ちょっとシャレになりませんしね(笑)


>私は昔、冷たい羊蹄山の湧き水に足をとられ、カメラだめにしました(^^ゞ
わ、大変でしたね。カメラの水没だけはどうしようもないですものね。
Commented by あやや at 2009-09-06 00:26 x
>final_impressionさん
final_impressionさんのところでガローを知って、いつか行ってみたいと思っていたところ、
苔の洞門調査に参加できることになったので、ちょうどいいと思って両方絡めて行って来ました。
もう、この場所に立っただけで、全身の細胞が入れ替わったかと思うほど気持ちよかったです!
ただ、そちらで勉強してND8を購入したのですが、口径を間違ってしまい、
広角で使えなかったことを激しく後悔・・・
でも、撮影うんぬんでなく、ガローに行ってほんとに良かったです。
おかげさまでありがとうございました。
Commented by あやや at 2009-09-06 00:33 x
>minkさん
苔の洞門も見応えありましたね~、
やはり中に入って見ると迫力が違いますね。
でも私はガローの方が、より感動しました。minkさんも機会があればぜひ。

今回たまたま星撮影と支笏湖行きが連続したので、
やたらあちこちほっつき歩いているように思われたでしょうが(笑)
普段はご近所か、せいぜい車で1時間くらいのところを撮っているんですよ。

Commented by あやや at 2009-09-06 00:45 x
>ainosatoさん
今日は鉄路展お疲れ様でした。あの後、花火はいかがでしたか?
3枚目、5枚目ありがとうございます。
まだ何ミリでどんな風に撮れるか、いろいろ試しているという段階なんです。
巨匠のおっしゃったように、レンズに撮らされるのではない写真が撮れるようになりたいですね。
Commented by あやや at 2009-09-06 00:57 x
>いちぼくさん
こんばんは~
私も最初画廊か?って思いました(笑)
名前も景観もユニークですが、何より独特の雰囲気のある、ステキな場所でした。

>自然の中に自分ひとり、自然との対話のできる至福のときですね
確かにそのとおりで、自分も自然の一部になったような気分でした。
そういう時間って必要ですよね。


Commented by あやや at 2009-09-06 01:02 x
>Amyさん
ここは苔が生えるくらいだから、日当たりがいい場所ではないのですが、
それだけにうっすらと差す光が木々に緑を際立たせていました。
・・・って明暗差が大きくて露出に失敗している言い訳でもありますが(笑)
4枚目、ありがとうございます。

Commented by Molacchi at 2009-09-07 11:59 x
思わずワー! と声を出してしまいました!
室蘭に住んでいた事があり、よく苔の洞門を訪れましたが、
こんなに奥深くに入った事がありません。川が流れているのさえ
知りませんでした。
とにかく美しいですね~~ し~んとした静寂の中に川の流れの音
が感じられます。
私は写真のことはよくわからないのですが、4枚目の写真がとても神秘的で好きです♪
Commented by ポンママ at 2009-09-07 14:39 x
はじめまして
minkさんのところからきました
私もペンタックスです  今K-7を使っています

ここガローとは賀老の滝のところなんでしょうか?
すごいところですね  川の中での撮影・・・ドキドキですね
カメラ落としたら泣いても涙が乾きませんわ(××)
調べて、今度行ってみます
もう寒くなってきたので来年でしょうかね・・・

ブログ、リンクさせていただきました
よろしくお願いします
Commented by あやや at 2009-09-07 19:00 x
>Molacchiさん
この樽前ガローは苔の洞門と同じ出来方をしたものですが、樽前山の南麓、苫小牧側にあって、
支笏湖側の洞門とは少し離れているんですよ。
でも、水が流れているぶん、清涼感が際立っていて、
もう、ほんとうに気持ちのいい場所でした。
たぶんマイナスイオンの量がすごいんじゃないかと思います。
4枚目、ありがとうございます。
Commented by あやや at 2009-09-07 19:22 x
>ボンママさん
初めまして。
コメントありがとうございます。お越し頂いて光栄です。

ボンママさんもPENTAXユーザーですか、しかもK-7!
K-7は小型でいろいろな機能がついていて凄いですよね。
私はまだK10Dですら使いこなせてないので、K-7は夢の夢です(笑)

この樽前ガローは、賀老の滝とは全然別の場所で、樽前山の南麓になります。
苫小牧側からいうと、36号線の錦岡と杜台の間に看板があるので、
すぐわかると思います。
川での撮影、このおっちょこちょいの私がよくカメラもレンズも無傷で帰れたものと思います(笑)
ここは長靴が何の役にも立たない場所で、濡れたくないなら胴長が必須です。
濡れるのを覚悟ならアクアシューズと半パンでもいいですが、
かなり水が冷たいので、夏でないと辛いかと思います。

リンクありがとうございます。こちらからもさせて頂きます。
エキサイト以外のリンクの仕方がいまいちわかっていないので、少し時間がかりますが・・・
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 探検! 苔の洞門をゆく      夜空の下で >>