ふつうのコト

ayaya55a.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 22日

きらめく水に咲く   チトセバイカモ


b0133447_21371172.jpg

                 冬のあいだ川底に沈んでいた藻が
                 梅の形をした花々に飾られて
                 浮舟のように
                 川の面に表れてくるのは
                 はつ夏の風のとおったあと

b0133447_21375450.jpg



b0133447_21381616.jpg



                 橋の上より見おろすと
                 拡げられた衣裳は
                 千の 万の 貝殻ボタンの眩しさ


b0133447_21391293.jpg

                 密かに遇い
                 なにかの恩寵を
                 確かに待っていたのは
                 わたしの魂の傷痕で
                 重い水脈を帰っていく
                 魚さえも
                 花の幻に去りかねている


b0133447_21394138.jpg

                 人はこの花を梅花藻とよぶ
                 透明な川底より浮きでて
                 北へのびるひと夏の
                 宇宙の軸を傾けている



b0133447_21401857.jpg

                 早春この川の上を飛び去った
                 白鳥の 川に写った影を
                 波が揺すっている    
                               


     小松 瑛子  「水中花」          ~ 詩集:ミシュレの言葉は より ~                          


b0133447_21405289.jpg


チトセバイカモ・・・清流にだけ咲く北海道固有の花、、絶滅危惧指定種。
指の先ほどのほんとに小さな小さな花が、せせらぎにきらめいていました。
これを撮った直後、まさにこの花のことを詠った詩に出会ったのが嬉しくて、
写真とともにご紹介させて頂きました。
どうりで、ガラにもなく詩的な雰囲気のキャプションだなと思われたのでは?(笑)



撮影:8月10日   恵庭市 幸町 
PENTAX K10D + PENTAX DA 18-55/3.5-5.6
              TAMRON AF 70-300/4-5.6
[PR]

by ayaya55a | 2009-08-22 18:02 | 花  | Comments(8)
Commented by エルモ at 2009-08-22 18:47 x
以前は千歳川にもたくさん咲いていたのですが
最近はバーベキューをしたりカヤックを漕ぐ人たちが増えて
近場ではすっかり数が減ってしまいました。
カワトンボの飛び交う時期に満開を迎えてたのですが
花期が遅れてきているのも気になります。
Commented by いちぼく at 2009-08-22 21:39 x
こんばんはー^^
梅花藻、わたしも撮りましたが、まさにこのような撮り方をめざしていたんですよ~☆
もう~、すばらしいですね!!!水のきらめきと可憐な花が素敵~♪
あややさん、いつになく、すごい詩を書いてるな~、キャラが変わったかな~と驚いていたら・・・
詩人の方の詩だったんですね☆
なんか、ホッと安心したような(笑)
Commented by Amy at 2009-08-22 22:31 x
チトセバイカモ、初めて見ました、可憐で素敵な花ですね。
この素敵な写真を一番喜んでいるのは撮られたチトセバイカモかも
しれませんね~
水の流れに身を任せている姿、光の輝きすべてが一体となっていて
素晴らしいです。



Commented by momophoto at 2009-08-23 13:13
チトセバイカモ、初めて知りました。
北海道固有種なんですね。それなのに絶滅危惧種・・・(悲)
清流に浮いている小さなお花をこんなにスッキリ素敵に撮られるなんて!
水面のキラキラとともに輝いていて素敵です。
体育会系、文系どちらもこなされるあややさんだ~と思いました(笑)
Commented by あやや at 2009-08-23 16:02 x
>エルモさん
ステキな詩を教えて頂いて、ほんとうにありがとうございました。
おかげ様で私の体育会系のイメージが挽回できました(笑)
私は初めてこの花を見に行ったのですが、
ほんとうに清らかで繊細な印象の花ですね。
水が少しでも汚れると消えてしまうというのが、とても胸にこたえます。
花数が減り、花期も遅れてきているというのは、絶滅の方向へ向かっているのでしょうか・・・
この詩にあるような、千の万のきらめきが無くならないことを切に願います。

Commented by あやや at 2009-08-23 16:18 x
>いちぼくさん
こんにちは~
ご安心下さい、私は間違っても詩人の素質はありません~(笑)
いつかいちぼくさんのところで梅花藻を見せて頂いてとてもステキだったので、
北海道でもどこかで咲いてないかな~とずっと思っていたんですよね。
知床から帰って来た日に、新聞にこのチトセバイカモが載っているのを見て、
次の週末に喜び勇んで撮りに行ったというわけです。
小さい花が遠くに咲いているし、当然ゆらゆら揺れるしで、撮影は苦労しましたが、
この花の清らかさを何とか撮りたくて、長靴はいて頑張りました(笑)
Commented by あやや at 2009-08-23 16:32 x
>Amyさん
ありがとうございます、私もこの花は初めて見ました。
水が少しでも汚れると消えてしまうというだけあって、
ほんとうにきれいなせせらぎに咲いていました。
この花の魅力を、なんとか一番引き出すように撮ってあげたくて、
私も水辺でいろいろな姿勢で格闘しました(笑)、
それをくんでいただけたら嬉しいです。


Commented by あやや at 2009-08-23 16:45 x
>momophotoさん

>北海道固有種なんですね。それなのに絶滅危惧種・・・
そうなんですよ、なんとか絶滅しないでいて欲しいと思います。
ここでは、この清流を保つために地域の方達もご尽力されているようです。

>体育会系、文系どちらもこなされるあややさんだ~と思いました
わ~、ありがとうございます!
でも、この写真を撮るのに、長靴はいて水辺で格闘しているあられもない姿は、
我ながら紛れもなく体育会系でした・・・(笑)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 夏から秋へ    木造校舎の静けさ      シャコタンブルー、そして・・・ >>