ふつうのコト

ayaya55a.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 21日

朝里で日が暮れて


b0133447_18224293.jpg

日本海に沿って海岸線ぎりぎりを電車が走る、ここは朝里。札幌と小樽の間にある町です。

b0133447_1823081.jpg

人々が家路につき始める黄昏の中、車輌や線路すらもあたたかな光を放ちます。


b0133447_18232945.jpg

今日あったいろいろなこと、お疲れ様~と夕空に優しく包みこんでもらって

b0133447_18234956.jpg

さ、明日も頑張ろうっと!
私の芸風?(笑)となりつつある花と鉄。
夕闇になお浮かび上がるチューリップの愛らしさに、足を止めずにいられませんでした。



撮影:5月16日   小樽市 朝里
PENTAX K10D + PENTAX DA 18-55/3.5-5.6
[PR]

by ayaya55a | 2009-05-21 19:42 | 鉄子ではないけれど | Comments(8)
Commented by hiros at 2009-05-21 20:10 x
>鉄子ではないけれど
 鉄ちゃんですか?

>さ、明日も頑張ろうっと!
 明日はどこですか?

いい加減カテゴリ変えましょうよ。
Commented by cocoon at 2009-05-21 20:23 x
あややさんも鉄に嵌りましたか?朝里、夕陽、函館本線…心が震えます。
私は+木造駅舎です。
>鉄子ではないけれど…ですか?
中井さんのブログも毎日拝見していますが、
真島さんの情感にはおよびませんね。生意気ですみません。
あー、私も無性にローカル線の旅がしたくなりました。
Commented by 本部長 at 2009-05-22 06:24 x
hirosさんのコメントの妙にいつも感心させられております(^^ゞ
地元ゆえにかえって見過ごしてしまってるのですが、
朝里駅って情感に富んだ素晴らしいシーンがありますよね◎
なんかこう、旅にでも出たくなるような☆
Commented by いしのまきまき♪ at 2009-05-22 18:54 x
次は銭函の海岸からの函館本線に期待してます♪
Commented by あやや at 2009-05-22 22:25 x
>hirosさん

>鉄ちゃんですか?
めっそうもないです!

>明日はどこですか?
今日はちゃんとお家におりました。土曜日のため英気を養わないと(笑)

>いい加減カテゴリ変えましょうよ
ん~、「鉄子の皮を被ったふつうのヒト」とか?(笑)
Commented by あやや at 2009-05-22 22:38 x
>cocoonさん
いえいえ、私ごときで鉄に嵌るなど・・・(笑)
この日、小樽からの帰り道、朝里で線路がいい感じに光っているのが見えたので、
せっかくだから車輌も絡めてと。それがまた本数の多い時間帯だったんですよ(笑)

真島さんの旅情描写は、ほんとうに情感あふれて素晴らしいですよね。
中井さんは、若い写真家らしい平明さが受け入れられているようですね。

私も一日フリー切符でまたローカル線の旅をしたいのですが、
北海道のローカル線のダイヤでは、乗ると撮れないのが悩みどころです。
Commented by あやや at 2009-05-22 22:55 x
>本部長さん

>hirosさんのコメントの妙にいつも感心させられて
いやですよ~、本部長さんまで(笑)

電車で札幌から小樽に向かう時、銭函~朝里間の車窓からの風景にわくわくするんです。
この気持ちが朝里を撮る時のモチベーションになっているのかと。
朝里駅の周辺は、何だかタイムスリップしたような不思議な雰囲気がありますよね。



Commented by あやや at 2009-05-22 22:58 x
>いしのまきまきさん
え~、銭函海岸からの函館本線はまきまきさんのお師匠さまの聖域、
畏れ多うございます~(笑)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ある晴れた日に      チューリップが咲いた >>